私をくいとめて

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.41
  • (17)
  • (73)
  • (82)
  • (17)
  • (5)
本棚登録 : 564
レビュー : 110
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022514455

作品紹介・あらすじ

【文学/日本文学小説】黒田みつ子、もうすぐ33歳。男性にも家庭にも縁遠く、一人で生きていくことに、なんの抵抗もないと思っている。ただ時々、迷ってしまうことも。そんな時は、もう一人の自分「A」に脳内で相談をするのだが……。著者初の新聞連載小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 黒田みつ子。もうすぐ33歳。
    「おひとりさま」を満喫している。
    楽しんでいるというか、誰にも邪魔されない生活が楽ちん。
    一人で生きていくことに、何の抵抗もなさそうにみえますが、
    ただ時々、もう一人の自分「A」に脳内で相談している…。

    脳内にいるもう人の自分と会話してるっていったら、
    ヤバイ!多重人格…って思ってしまいそうですが、
    自分の投げかけた問いに冷静に答えてくれる自分の中の自分の様なイメージです。
    自問自答は誰しもがいつもやってる事だけどみつ子のAは他の人みたいだった。
    Aが男性だと判明した時にはスッゴク驚いた~(笑)
    みつ子とAの会話?がとっても楽しいし、
    うんうん、そうだよねって共感出来るから凄くサラサラと読めました。
    みつ子もそうだけど、登場人物達も身近に居そうな人ばかりで
    親しみも凄く感じました。
    そして、文体…文章もとっても好きです。読み易い!

    それなのに、読後暫くして何故かとっても孤独感が増してしまいました(*T^T)
    だから★3つにしちゃった

  • 小学生の頃初めてこの人の本を読んだけど、綿矢りさも私も大人になったんだ〜という感じ

  • 面白かった!最後は意外にもほとんど泣きながら読んだ。全編毒まみれなのに下手なロマコメよりよっぽど幸せな気分になれた。主人公の独身OLみつ子は33歳だけど、私の時代なら25歳前後がこんな感じだったんじゃないかな。迷走していた自分の20代とみつ子の今が奇跡のように重なって自分のことかと思うほど。イタリアじゃないけど、行ったよ南仏ひとり旅…。そして、行きの飛行機のBGMが大瀧詠一とか、その感覚めっちゃわかる。そして災害のときにはとりあえず一瞬で先に死にたいよね?それもわかる。
    ノゾミさん、カーター、多田くんなど、脇役も楽しいし、「A、おまえは●●だったのか!!」というあの展開は神がかっていた。
    そして素敵なラスト。綿矢さんはこんな気持ちでお嫁に行ったのかな。だとしたら、本当におめでとう。
    (注:主人公は最後に結婚するわけではありません、ネタバレじゃないよ)

  • 生涯「おひとりさま」を自覚しつつある地味なアラサー女性みつ子。
    脳内でいつも会話をし孤独をまぎらわせてくれるのは、もう一人の自分であるA。
    特に恋愛において、消極的なみつ子のお尻をいつもたたいて励ましてアドバイスをくれるかけがえのない存在だ。
    もう一人の存在と会話、なんていうと統合失調症?みたいに思われがちだけど、まぁ実際脳内なら誰しもそういう経験あるかもしれない。
    小説を通してみつ子の成長がひしひしと感じられます。
    良くも悪くもふつうだった。ふつうのハッピーエンド。
    綿矢りさはもうこういう路線でしか書かないのかなぁ。がつんと殴られて心をわしづかみにされて震わされる、かつての綿矢りさのそういう瑞々しい獰猛さが好きだった。

  • 自分の中にいるもう一人の自分が、時に離反し、時におもねってくる。同じ自分なのに違った世界を作っている。おひとりさまの総本山として他人の目も気にせず平然としていたのに少しずつ崩れてくる。いい悪いは別としていつの間にか本当の意味での一人を獲得し、他者を獲得していく。なんでもない純粋に楽しい日常生活がそこにはある。

  • 頭の中の友達。

    どこにでもいるOLの日常。
    その日常に「ある声」を付け加えたことで味付けが変わるのが面白い

  • 私には私がついている。だから、孤独でもだいじょうぶ。
    孤独だけど、ひとりじゃない。
    だって私がいるもの。
    その感覚を主人公を通して体感して、とても心強く思えた。
    私ってこんなに私にとって頼りになる存在だったのかと、目から鱗である。

    私をくいとめて、って感覚はとてもわかる。
    どうにかしたいし我ながらどうにかした方がいいのはわかっているが自分ひとりの力ではどうにもできない感じ。
    立ち上がれなくて混乱してしまう感覚。
    でも、Aと主人公のお陰で
    内側の自分に背中を押されながら、自分の背中を押しながら、怖いけど、外を見て、外へ出て、生きていけそうな感じがした。
    きっとだいじょうぶ。

    等身大でかっこわるくて、でもそれを認めてくれる受け止めてくれる、仲間のような、まさにAのような小説だった。
    ありがとう、がんばります。

    ・読みながら年齢に思った以上に囚われている自分に気付く。女の子っぽいこと、情けないこと、共感しても「でもいい歳だし」「そんなこと思っちゃいけない」って自分を縛っていた。何歳なんだからこうでなければいけないのだと。でも、年齢以前に自分という一人の人間であって、何歳の女性マルマルさん、職歴マルマル、という括りが優先されてはいけない。軌道修正したいな。
    ・自分の感性で、周囲の人のことを こういうところが好き、ときちんと感じる主人公に魅力を感じる。恋愛関係となるとまだまだビギナー感があるが、普段は他人の価値観との間に綺麗に線を引いて堂々としていて素敵だ。
    ・飛行機の件はやや冗長でついていけなかったが、Aとの良い思い出にはなった。イタリア旅行の話も必要だったか?と疑問は残るが「世界は広い」と この物語の途中で思い出せることに価値はあるのかも。

  • 自分と向き合えてなかった主人公と体格のいい冴えない男、恋とか好きとかじゃないし。
    他の作品と比べるとリアリティうすめ。

  • なじみのゆっくりしたペースで進む毎日のなか、長く引きのばした青春をいつまでもうっすら夢心地で楽しんでいたい。p.46

    なんか、わかるなぁと思った一文。

  • 綿矢ワールド。相変わらずこじらせています。

全110件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

綿矢りさ(わたや・りさ)
1984年生まれ。京都市立紫野高校在学中に17歳で初めて書いた小説「インストール」で、文藝賞受賞。19歳で書いた第2作の「蹴りたい背中」で、芥川賞受賞。史上最年少での受賞として話題になり、同作は120万部の大ベストセラーに。
その後、早稲田大学教育学部に進学、卒業後は、専業の作家として執筆を行う。2011年、『かわいそうだね?』(文芸春秋)で大江健三郎賞受賞。
上記以外のおもな著書に『しょうがの味は熱い』『勝手にふるえてろ』(文芸春秋)、『夢を与える』『憤死』(河出書房新社)、『ひらいて』『大地のゲーム』(新潮社)など。

「2015年 『ウォーク・イン・クローゼット』 で使われていた紹介文から引用しています。」

私をくいとめてのその他の作品

私をくいとめて Kindle版 私をくいとめて 綿矢りさ

綿矢りさの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

私をくいとめてを本棚に登録しているひと

ツイートする