風のかたみ

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.26
  • (0)
  • (10)
  • (14)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 73
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022514585

作品紹介・あらすじ

【文学/日本文学小説】安見藩の女医である桑山伊都子は、藩主に叛旗を翻した佐野家一族の女たちを生かすよう命ぜられる。男たちはことごとく上意討ちとなっていた。どうやらお世継ぎ問題とも関わりがあるようだ。やがて女たちの屋敷に天狗の面を被った曲者が忍びこむが……。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 武士の妻たちの生き様を女性医師の視点から綴る、葉室さんとしては珍しい本です。
    女どおしの確執が描かれていますが、ややあっさりめ。
    最後はとんだどんでん返しが。
    少し切なくなりました。

  • 木にはなって読み進みはしたけど、展開がちょっと強引すぎて感情移入しずらかった。

  • 誰しもが自分の思い通りに、ありのままには生きられない。ただ、もがき続けるだけなのだ あの白鷺が初かもしれない。たとえ苦しみに満ちていたとしても、初はやはり自分らしく生きたのだ

  • 葉室麟さんにしては珍しいミステリ仕立て。
    でも大どんでん返しが有るのかと言えばそうでもない。なんか中途半端な印象。
    可もなく不可もなく。

  • 2017/7/8

  • 女は強い

  • 初出 2015〜16年「一冊の本」

    葉室麟には珍しいミステリー仕立て

    町医者の娘で女医の伊都子は、大坂への遊学願いを認めるという条件で、女たちが監禁されている白鷺屋敷に住み込む。

    女たちは、ひと月前に藩主と対立して上意討ちにあった佐野家の妻女たちと女中たちで、自害しないように見張り、身籠っている者がいれば報告せよと伊都子は命じられる。

    女たちと暮らしているうち、外から来る男たちが次々に死んでゆき、伊都子は恐怖にかられていく。犯人が誰で、なぜ殺したのかと。

    武士の意地を通して命を捨てていった男たちに対して、命を守り、命を繋いでゆくのが武家の女の戦いなのだと覚悟が語られるが、それでも自分の命を捨ててそれを守ろうとするのだった。

全7件中 1 - 7件を表示

プロフィール

葉室 麟(はむろ りん)
1951年1月25日 – 2017年12月23日
福岡県北九州市小倉生まれ。西南学院大学文学部外国語学科フランス語専攻卒業。地方紙記者、ラジオニュースデスク等を経て小説家に。2005年に短編「乾山晩愁」で第29回歴史文学賞受賞(のち単行本化)、2007年『銀漢の賦』で第14回松本清張賞受賞、2012年『蜩ノ記』で第146回直木賞受賞、2016年『鬼神の如く 黒田叛臣伝』で第20回司馬遼太郎賞受賞。
上記以外の代表作に、映画化された『散り椿』、第22回山本周五郎賞候補及び第141回直木賞候補だった『秋月記』がある。

風のかたみのその他の作品

風のかたみ Kindle版 風のかたみ 葉室麟

葉室麟の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする