日本一やさしい「政治の教科書」できました。

  • 朝日新聞出版
2.88
  • (0)
  • (1)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 66
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022514677

作品紹介・あらすじ

【社会科学/政治】「そもそも政治がわかりません」「マスコミをどこまで信じる?」「トランプさんって、ちょっと……(笑)」AKB48の3人(茂木忍、加藤玲奈、向井地美音)が、いま最注目の若手憲法学者・木村草太さんとジャーナリストの津田大介さんに学ぶ"日本一気軽に読める"政治入門書!(だけど結構、本格派)。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 若者向けの政治の話って、投票に行こう!というだけの宣伝に寄りがち。この本ではそれは一旦おいて、政治や選挙が何のためにあるか「そもそも」の部分を丁寧に解説してくれています。 投票することよりも大切なのは、社会の問題に対して自分なりの視点を持つこと。その延長としての一票なんだよね......と気付かされました。

  • AKB48のメンバー3人と憲法、法律に精通する木村草太氏とジャーナリストの津田大介氏が講義形式で選挙とメディアや政治について書いた一冊。

    本書での木村氏の現在の日本の政治の基本的な知識と津田氏のメディアとの向き合い方を通してなぜ選挙に行くのかということや候補者を選別するうえで非常に有用な知識を得ることができました。

    学校で習った三権のそれぞれの役割や1票の格差など政治にまつわることばがわかりやすく解説されていて勉強になり、津田氏のメディアの見方で選挙での自分の投票がよりクリアになりました。
    本書のなかでも候補者だけでなく党のマニフェストも確認することは勉強になりました。

    政治にもネットによって今までとは情報の取得や発信が大きく変わり、有権者側のリテラシーがより求められるようになったと本書を読んで感じました。
    様々な媒体を通して正しい知識を身に付け自分で考えるクセをつけることがこれからの政治を考えていくうえで大事なことであり、そのなかで自分に合った候補者に投票することが有権者としての責任であると本書を読んで感じました。

  • 甘く見て軽い気持ちでいたら結構、いやかなり本格派ですよ‼︎

    なんだかんだ後半の物事の見極め方的な部分が一番興味深かった。

  • 請求記号:312.1/Kim
    資料ID:50088148
    配架場所:図書館1階東館 め・く~る

  • 木村草太さんの本を読みたいと思ってとりあえず図書館で予約、手に取ってみるとAKBとの対談形式の入門書だった。
    完全に若い人向けだ。
    けど悪くないね。

  • 355
    政治に関しての前半とメディアリテラシーに関しての後半の2部構成。最初、多数決等の話から進み、教科書に出てくるキーワードも出てこず、「日本一やさしい」とは言っても易しすぎないかい?と不安を覚えたが、本質をついていると思えるので、易しい中でもとても参考になった。
    それだけに、後半、メディアリテラシーの話になってしまったのは、残念だった。参考になる部分もあるし、それが大切なのもわかるし、政治のニュースに関心を持つ、選挙に積極的に行くという本書の目的らしきものが見え隠れするのは理解できるが、「政治の本」という点からすると脱線感は否めない。
    ただ、学生さんや、政治アレルギーの人には、はじめの1冊という事で良いかな。

全8件中 1 - 8件を表示

プロフィール

1980年神奈川県生まれ。東京大学法学部卒業、同助手を経て、現在、首都大学東京法学部教授。専攻は憲法学。著書に『キヨミズ准教授の法学入門』(星海社新書)、『憲法の創造力』(NHK出版新書)、『テレビが伝えない憲法の話』(PHP新書)、『集団的自衛権はなぜ違憲なのか』(晶文社)、『憲法という希望』(講談社現代新書)、『憲法の急所 第2版』(羽鳥書店)、『木村草太の憲法の新手』(沖縄タイムス社)など、共著に『社会をつくる「物語」の力』(光文社新書)、編著に『子どもの人権をまもるために』(晶文社)などがある。

木村草太の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
今村夏子
塩田 武士
辻村 深月
平野 啓一郎
恩田 陸
又吉 直樹
トーン テレヘン
森 絵都
エラ・フランシス...
有効な右矢印 無効な右矢印

日本一やさしい「政治の教科書」できました。を本棚に登録しているひと

ツイートする