病巣 巨大電機産業が消滅する日

著者 : 江上剛
  • 朝日新聞出版 (2017年6月20日発売)
3.60
  • (3)
  • (6)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :56
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022514752

作品紹介・あらすじ

日本を代表する総合電機メーカー芝河電機に勤める瀬川大輔は、本社監査部勤務を命じられた。瀬川は内部告発をきっかけに、芝河の基幹部門PCカンパニーが危機的状況であることを知る。告発した社員は瀬川に後を託して自殺をしてしまう。PCカンパニーだけではなくその他のカンパニーでも粉飾決算が横行していた事実をつかみ愕然とする瀬川。証券取引等監視委員会も密かに動き出した。やがて買収した原発企業EECの巨額損失が発覚し、芝河は経営危機に陥る-。

病巣 巨大電機産業が消滅する日の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 原発問題で解体されていく東芝をモデルにした企業小説。なかなか面白く一気に読んだ。日本の大企業の偉い人はこんなもんなんだろうか。自分の会社の上の方もチャレンジ、チャレンジ言うしな。。

    同期のネットワークはやはりかけがえのない物なんだと、改めて思わせてくれるいい内容。現実の東芝はどうなってしまうかまだ分からないけど、企業にも寿命はあるよね。未来永劫続けるのは難しいし、本来そういうものでもないのかもしれない。

  • 酷い会社ですね。うちの会社も似た様なもんですよ。私の上司もCEOに逆らえなくて出来もしないプロジェクトをどんどん進めてます。来年春には「出来ませんでした!」ってなるのが丸見えです。大風呂敷をどうやって畳むのかを密かに検討している今日この頃です。

  • 一連の東芝に関する事件から着想を得たフィクション。詳細は→http://takeshi3017.chu.jp/file6/naiyou24201.html

  • どこまでがリアルで、どこがフィクションだったのかは定かではないが、東芝問題の核心が良くわかる内容。
    江上さん、毎回凄すぎます!あっという間に読み終わりましたm(_ _)m

  • 同時並行してノンフィクションも読んだ。ノンフィクションの方が生々しかった。ストーリー仕立てにすると人間模様が中心となり、客観的事実が薄れてしまう。
    フィクションを読んでからノンフィクションを読んだ方が良かった。

  • 真実味を帯びている。実態はどうなのか、その後はどうなるのかと気にはなりましたが、しかし、小説となれば、もう少し読ませるように書いてもいいのでは。STOPをかける四銃士をもう少し前に出すとか。
    経営者は器があるかもしれないけれど、変わってしまうっていうのもあるかもね。保身に入ったり。大きな流れができてしまうと、もう取り返しがつきませんね。

  • 東芝問題をわかり易く小説仕立にした著者お得意の経済・企業問題小説。ノンフィクションより劣るが問題の本質を炙り出している点は流石。読みやすいがテーマがしっかりしているので読みごたえあり。

  • 東芝をモデルにした企業小説。粉飾を重ね破滅へと突っ走る会社を建て直そうと社員が立ち上がる。無能でモラルや気概のないトップ,追従する節操のない中間管理職との対比で彼らの存在が際立つ。内容的には,内部告発から外部捜査に至る過程だけが書かれているだけなので第一部が終わっただけという感じの読後感。

  • 東芝の当時の現状を事細かに説明し、何故東芝がダメになったのかわかりました。粉飾に粉飾を重ねた決算。福島第一原発事故からドンドンダメになっていった。もし、福島第一原発事故がなかったら、復活していたのか?膿を出し切った東芝がシャープの用に復活するのか!?それとも…消えてなくなるのか?

全9件中 1 - 9件を表示

病巣 巨大電機産業が消滅する日のその他の作品

江上剛の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

病巣 巨大電機産業が消滅する日はこんな本です

ツイートする