ろう者の祈り 心の声に気づいてほしい

著者 :
  • 朝日新聞出版
4.14
  • (3)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022515070

作品紹介・あらすじ

"聞こえない"孤独を生きる、心のうちを聞く。朝日新聞連載「ろう者の祈り」を大幅加筆。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ろう者の世界を理解しているつもりでしたけど、まだまだ反省することがたくさんありました。

  • 同情なんかしなくていいからほんの少しだけ助けてくれれば。友達になったり聴者と会話をしたい。

    こんな印象的なキャッチフレーズの本書から私はとにかく自分が知らなかったこと、勘違いしていた事を学ぶことが出来ました!まず手話は日本語対応の手話、日本手話という2つにわけることができ後者の方は文法や表現も日本語とは全く違うため、筆談をする時私たちが話している日本語の文法を間違えて使ってしまうケースもあることだ。
    また周りの少しの理解がないせいで8割ぐらいのろう者の方が職場や学校で辛い思いをしたことがあるというデータも驚いた。

    最後にミニ手話講座もあり最後まで興味深い本だった

  • 「ろう者にとって日本語は母語ではなく第2言語」
    このフレーズを目にしてかなりの衝撃を受けました。
    その視点はこれまで全くなかったし、何より字面でしか習得できないことの大変さを想像したこともなかったし…。
    外国語をテキストだけで身につけろと言われても途中どころか序盤で投げ出したくなるだろうし、のっぴきならない事情で何が何でも習得せざるを得ないとなったら、どれだけの苦労を重ねないといけないのか…想像するのもためらいたくなりました。

    会社で受け入れ体制を整えているといっていても、実際に当事者にきくと、様々な理由で孤独を感じている人が多いことにも驚きました。
    最後の方にでてきたイーデザイン損保のサイン部の話が一番ショックだったかもしれないです。

  • 朝日新聞出版:お知らせ:『ろう者の祈り』発売記念 トークショー&サイン会 1/27開催!
    https://publications.asahi.com/news/821.shtml

    朝日新聞出版のPR
    聴覚に障がいをもつ「ろう者」の人々が厳しい現実に立ち向かっていく姿を取材したルポルタージュ。朝日新聞経済面で話題となった連載「ろう者の祈り」に大幅加筆。巻末には手話通訳士・鈴木隆子さん監修による手話講座も収録。
    https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=19605

全4件中 1 - 4件を表示

ろう者の祈り 心の声に気づいてほしいのその他の作品

中島隆の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
榎本 まみ
朝井 リョウ
宮下 奈都
村山 由佳
大野 更紗
横山 秀夫
三浦 しをん
卯月 妙子
柚月 裕子
宮木 あや子
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする