ギガタウン 漫符図譜

  • 103人登録
  • 4.09評価
    • (3)
    • (6)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : こうの史代
  • 朝日新聞出版 (2018年1月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (125ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022515124

作品紹介

【文学/日本文学小説】『この世界の片隅に』のこうの史代が贈る、ほのぼのシュールな動物4コマ漫画! うさぎの家族と街の動物たちの日常を、鳥獣戯画へのオマージュを込め、ユーモアたっぷりに描く。また作中で使った漫画の記号表現「漫符」一つずつに解説が付されるユニークな仕掛けも。

ギガタウン 漫符図譜の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「この世界の片隅に」の作者の最新作。みみちゃんと動物たちのほのぼの漫画。こうの史代さんの漫画をもっと読みたいと思った。鳥獣戯画風の絵を見て絵がうまいなあとも。最初、題名を見たとき「ギガ」ってギガバイトのことだよなと思い不思議に思っていたがよく読んでみると「鳥獣戯画」の「戯画」ってわかって(なんて頭悪いんだよおまえ!)落ち込んでしまった。。。こうの先生すみません。。。

  • ぼおるぺん古事記とかもそうだけど、こうのさんのチャレンジングな発想はほんとに楽しい。
    漫画に使われている記号=漫符の解説を、4コマ漫画で、しかもなぜか鳥獣戯画風で、って。
    でもたしかにこうのさんの絵は鳥獣戯画に合ってる気がする。
    天真爛漫な(?!)みみちゃんがカワイイ。
    ちょっと不憫だけど天然ぽい紺野先生もいいわ〜

  • 漫符の効果や機能や表現することを、はっきり言語化すること。
    それを鳥獣戯画のキャラパロで四コマ漫画にすること。しかも巧みに。

    これは歴史的偉業だ、と肩肘張って言いふらしたい気持ちにもなるし、
    こっそり自分だけの本棚に紛れ込ませておきたい気持ちにもなるし。

    遡ってこうのさんの漫画を思い出したりもした。「こののに」はもちろんだけど、「長い道」や「ぴっぴら帳」や「さんさん録」などを。
    「ぼおるぺん古事記」に続いて筆記具の実験でもある。

  • 朝日新聞出版のPR誌に連載していたのをいつも楽しみに読んでいたので(といっても手に入る時と不首尾の時と半々ぐらいで…)、すぐ本にまとまってうれしい。
    鳥獣戯画風に描かれたとぼけた小動物たち、お調子もののみみちゃん(うさぎ)、ちょっとクールなあおいくん(かえる)、がんばり屋さんのきい子(さる)を中心にくりひろげられるのんきで楽しい日常。基本は漫符(マンガのお約束表現)を4コマ漫画でひとつずつ紹介していくスタイルで、連載では1回に4つずつだったので、だいたいそのまとまりで4コマ漫画同士にうっすらと流れもあってついつい次が気になって読むのが止まらない。こうの史代さんの作風&世界がやっぱり大好きだ〜。
    それにしても、自分にとってはほとんど空気のように当たり前のようだけれど、コマ割りの流れや漫符が難しくて漫画が読めない、という人もたしかにいるんだなぁ…たしかに、外国に輸出するようなときも苦労しそうなところかも。

  • 漫符!
    当たり前に、なにも考えずに読めんでいたけれど
    これはたしかに一つ一つ意味がある!なるほど!
    面白かった!
    そして、鳥獣戯画が可愛い!

  • 何て言うんでしょうか・・・。
    琴線に触れまくるというか・・・。
    楽しくて仕方がない世界観です。
    鳥獣で戯画で4コマ。
    最高。

  • こうの史代と鳥獣戯画と『別冊宝島EXマンガの読み方』という組み合わせはたしかに魅力的に見えるが‪、実際のところ、鳥獣戯画ではなくともよかったのではないか。このところ『ぴっぴら帳』を再読してこうの先生の描く人物の魅力を再確認していたのもあり、物足りなさを感じた。

全7件中 1 - 7件を表示

こうの史代の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
ヨシタケ シンス...
有効な右矢印 無効な右矢印

ギガタウン 漫符図譜に関連する談話室の質問

ギガタウン 漫符図譜はこんな本です

ギガタウン 漫符図譜を本棚に登録しているひと

ツイートする