オブジェクタム

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.58
  • (2)
  • (4)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 110
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022515643

作品紹介・あらすじ

【文学/日本文学小説】祖父はいつも秘密基地で壁新聞を手作りしていた──大人になった主人公が記憶の断片を追いながら、ある事件と祖父の真相のかかわり合いを探る(「オブジェクタム」)ほか、林芙美子文学賞受賞作「太陽の側の島」など3篇を収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • レンタカーを借りて小学生の頃住んでいた町に戻ってきた。学校そばの空き地、謎のかべ新聞、じいちゃんとの秘密の共同作業、少しだけ姿を見せるしっぽみたいなものetc.……。懐かしい風景から精巧なジオラマを作ったような表題作。一見ありふれた町のようでも、本当はいくつもの秘密を隠していたのかもしれない。移動遊園地や偽札、読めない暗合など、不確かなまま取り残された記憶も、その寄る辺なさも不思議と心地よい。一人称視点の回想なのに「ぼく」や「わたし」をあえて抹消した語りは面白い手触りがする。他に二篇を収録。
    「兵隊様の国は『外側』を一回使ったきりで捨ててしまうのですか。」(「太陽の側の島」)が斜め上。ヘンテコな「L.H.O.O.Q.」の脱走犬、名前は“うどん”にしたい気持ち。(初出2016~2018)

  • アトロクで池澤さんが激推ししてたので読んでみた。
    が、私の読解力と脳内映像投影力の乏しさにより、池澤さんのような感動は得られなかった…

    確かに、美しくも静かな風景なのですが静かに冷ややかなまま終わったという感じでした…

    まだまだ修行が足りないな、

  • 何だろうかと思った。この読んでるときの気持ち。
    子供の頃の、お伽噺と同じ感覚だと気付くまでに少しだけ時間がかかった。

  • 分かる人には分かることなんだろうな。

全5件中 1 - 5件を表示

高山羽根子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

オブジェクタムを本棚に登録しているひと

ツイートする