卑弥呼とよばれた少女

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022516817

作品紹介・あらすじ

王家の血を継ぐ15歳の少女、翡翠命は卑弥呼となることを決意する。「唯一を望む者(御真木)」と「唯一を望まねばならぬ者(翡翠命)」、そして「唯一である者(曹叡)」の欲望と信念が交差し、新たな時代の幕開けを描く。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 裏切り者の真意、同行者の敵対と和解。残忍な王。ヒミコと日蝕の関係。手垢がついた感じでときめかない。これでまだ続くとは。

    歴史小説でなくファンタジーとしてよむべきなのだろう。
    主人公の格付けをするために、やたら大の男たちを無様に描いたり、あの娘スゴい!の回想ばかりでつまらない。難しい漢語を多用しているがそぐわない感じがする。改行が多く描写が浅い。地名か人名かわかりづらい。この時代に騎馬戦があったのか?
    三国志のゲームのような展開に見える。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1991年熊本県生まれ。2015年立命館大学法学部卒業。幼少期より、大伯父から歴史の手ほどきを受ける。2018年、『火神子 天孫に抗いし者』で第10回朝日時代小説大賞を最年少受賞し、デビュー。

「2021年 『弟切抄 ―鎌倉幕府草創記―』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森山光太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×