モネへの招待

制作 : 朝日新聞出版 
  • 朝日新聞出版
4.00
  • (2)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 42
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (96ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022516916

作品紹介・あらすじ

「睡蓮」で知られる印象派の代表的な画家・モネは、いつ、どの国に生まれ、何年生きて、どのような作品を遺したのか。
モネが愛した女性、家族、友人とは? 作品を楽しむためのポイントだけでなく、モネの人生を懇切丁寧に説明します。美術鑑賞入門の決定版!

◆画家モネの人生とその時代
◆比べてわかる! モネを知るための10のKeyword
01:家族の肖像 モネが描いたカミーユ 描かなかったアリス
02:友人の画家たち 人物を風景の一部として描くモネと人物が主人公のルノワール
03:先輩画家たち 海の波が追ってくるモネ
04:日本からの影響 遠近法、画面の切り取り、浮世絵から受けた衝撃
05:水辺の表現 水の質感を描く魔術師
06:サロン当選作と落選作 滑らかな画面とテーマは歴史画
07:印象派展 収益・動員数でモネの評価分析
08:画商 画家を支えて描かせるデュラン=リュエル
09:絵の価格 存命中に160倍以上値上がりした!
10:表現の変化 晩年の作品は抽象表現へと移行

◆モネの生きた時代その時世界は?
◆モネに会いに行った日本人たち
◆積みわらGallery
◆ モネの雪景色
◆理想郷ジヴェルニー
◆いちばんやさしい「睡蓮」鑑賞(青い日記帳×安井裕雄)
◆ 印象派誕生の歴史
◆モネの素顔
01:モネをめぐる人たち
02:美意識の強い浪費家
03:画題を求める旅と引っ越し
◆monet's TOPICS
01:モネの最高落札金額は?
02:日本で会えるモネ作品
03:モネ本紹介

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
全1件中 1 - 1件を表示
ツイートする
×