東大はなぜ秋入学を目指したか

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 3
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022517180

作品紹介・あらすじ

約10年前に日本中を揺るがせた「東大の秋入学構想」。当事者である濱田純一・前東大総長が、秋入学をなぜ考えたのか、東大の何が問題だと思っていたのか、なぜ頓挫したのか、5年間の「わが闘争」を初めて総括。今後「9月入学」を考えるための唯一無二のテキスト。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 約10年前の東大秋入学構想を振り返った本。
    何が起きていたか、どんな構想で、どんな検討がされて、何が目的で、何が課題とされたのか、を概略つかめる。

    立場によって、いろんな感想がありそう(東大内で)だけど、東大を知る、東大の今ある制度の成り立ちを知る、と言う副次的な意味でも、役立つ本だった。

    加えて、秋入学構想と全く関係なく、言葉の定義とか、課題、アクションプランの立て方とかも、参考になりました。




    備忘録)
    秋季入学にする理由は『よりグローバルに、よりタフに』

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

濱田 純一
濱田純一:東京大学総長

「2014年 『東京大学 世界の知の拠点へ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

濱田純一の作品

東大はなぜ秋入学を目指したかを本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×