ぜにざむらい

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.81
  • (3)
  • (7)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 54
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022517425

作品紹介・あらすじ

金もうけが大好きで、趣味はためた銭を畳に広げそのうえで寝転がること。そして戦はめっぽう強く、伊達政宗と直接打ち合って退けたこともある。戦国末期の実在の武将、岡左内の痛快な半生を描いた著者の新境地!! 歴史学者・小和田哲男氏推薦。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • <東北の本棚>人々の幸せ 金稼ぎ追求 | 河北新報オンラインニュース / ONLINE NEWS
    https://kahoku.news/articles/20210627khn000006.html

    朝日新聞出版 最新刊行物:書籍:ぜにざむらい
    https://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=22676

  • お金はいくらあってもいい。使い方がだいじ。人生を豊かにしてくれる。死ぬとき、いい使い方をしたと思えるように、お金と付き合いたい。

  • 主人公の武士としての生き様は、金の使い方の根底にある。貯めたお金をどう使うのか。今の世にも通じる。

  • 岡左内定俊 無一文の孤児から蒲生氏郷、上杉景勝に仕えついには一万石の城代までのし上がる 
    「ぜにざむらい」の一代記 人の出会いが紡ぐサクセスストーリー 
    わらしべ長者のようなお話ですが 岡定俊 実在の人物なんですね なるほど・・・・

  • 岡左内。蒲生氏郷、上杉景勝に仕えた。金が何よりも大好き。野山を駆け回り、猪を仕留めていたこともあり、感が鋭く、戦にはめっぽうつよい。
    生きたお金の使い方のわかる武将であり、あの直江兼続にその才能を惜しまれた。
    戦国時代、あまり他にみないタイプの武将であり、その生き様は、ある意味感動させられる。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1968年東京都生まれ。横浜国立大学経営学部卒業。2010年「我が糸は誰を操る」で第5回小説現代長編新人賞奨励賞を受賞。同作は、『戯史三國志 我が糸は誰を操る』と改題し、翌年に刊行。12年『戯史三國志 我が槍は覇道の翼』、15年『誉れの赤』でそれぞれ第33回、第36回吉川英治文学新人賞候補となる。16年『闘鬼 斎藤一』で第4回野村胡堂賞受賞。7人の作家による“競作長篇”『決戦! 関ヶ原』『決戦! 関ヶ原2』『決戦! 三國志』『決戦! 川中島』『決戦! 賤ヶ岳』にも参加している。他に、『関羽を斬った男』『治部の礎』『裏関ヶ原』『孟徳と本初 三國志官渡決戦録』『老侍』『雷雲の龍 会津に吼える』『憂き夜に花を』『ぜにざむらい』などがある。

「2021年 『新風記 日本創生録』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉川永青の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×