本音を言おうとすると涙が出てくる HSPの繊細さを才能に変える魔法

著者 :
  • 朝日新聞出版
3.40
  • (2)
  • (5)
  • (6)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 181
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022517647

作品紹介・あらすじ

インスタフォロワー13万人! 共感を呼ぶフレーズで話題の内向型HSPアドバイザー初の著書。HSPは欠点だと思っていませんか? HSPの感受性の強さ、深く考える力、共感力は、実はあなたの才能。気にしいな性格を最大限に生かす魔法のような方法とは。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 色々と考える機会になった本だなって思いました。HSPさん一人一人がこの事例に当てはまるか分からないけど、自分で取捨選択していくのもありなのかもしれません。私の中でも読みながら「あ、それ分かる!」ってところもあったし、「これは、私と違うかも」って感じるところもありました。なので「違うなぁ」と思う所があっても、この方の場合なんだろうなと切り替えるようにしました。
    個人的に興味を惹かれ、自分に取り入れたいところもあったので、実践していきたいです。

  • ○HSPのコミュニケーション
    「高級料亭の料理」みたいなもの。静かな空間で、目で見て香りを楽しんでじっくり味わう。
    相手のことを感覚をフルに使って感じながら、相手の気持ちに寄り添って、丁寧に会話ができる!だから決してコミュニケーションが下手なわけじゃ無い。

    ------------------------------
    →「共感」「引き出す」役に徹する
    『寄り添い型のコミュニケーション』
    メンバーの意見を引き出す係としてのリーダーになればいい。
    「そのためには何が必要?」「どうやったらもっとみんなで上手くなれると思う?」と、それぞれが自分で「答えを見つける」のを手伝うだけにする。
    誰もが「人から言われたこと」よりも「自分で考えたこと、選んだこと」の方が熱意を持って行動できる。だから結果的にリーダーが楽になるよ。

    「カリスマ的リーダー」もかっこいいが、
    「寄り添い型リーダー」として存在することもできる!

    ○大勢の会議の時
    「一言でも発言できたらOK」
    「誰かの発言に対して一つ質問してみよう」
    と小さいルールを決めて臨んでみる
    そんで決めたルールを達成できたら、お、すごいやんー!と認めてくことで自分を好きになって自信がでてくるよ

    ------------------------------

    ○ささいなことばにグサッとする必要はない
    自分と人はびっくりするくらい価値観が違う
    「私が大切にしたいこと」「私が意識が向くところ」が一緒だと思ったらちがうわよー

    ○人にいいフィルターをかけてみよう
    「なんでこんな苦手な人ばかりなんやろ」
    とかけることもできる
    けど
    「私の周りは素敵なばっかりや〜」
    と、素敵な人ばかり見つかるフィルターで生きることもできる。自分で選べる

    ------------------------------

    ○過去を思い出して落ち込んだ時
    魔法の言葉
    「じゃあ、どうしたらいいかな?」

    『なんで??(攻)』の思考は脳にすごく負担をかける
    [原因を探す]のではなく
    [解決策を探す]ために思考を切り替える

    「過去を思い出して後悔するのではなく、これからの私が心地良くなるためにはどうしたらいい?」

    と、自分自身に質問してみよー!

    ------------------------------
    ○人が変化するときに必要な力(NLP心理学)
    ①強さ ②優しさ ③ユーモア

    深刻にとらえすぎず、クスッと面白く考えられれば、最強なのよ

    ・威圧的な人が怖いとき
    →自分がムクムク巨人になっていく姿をイメージ
    その人が自分の足元でちっちゃくプンスカしてるイメージ
    なんか可愛いなー かゆいだけやわー

    つまんで、ぽいっ
    って投げる笑

    っていうイメトレをしてみる。

    ・不機嫌な人が私のせいで不機嫌?と思うとき
    →ちっちゃいカマキリが、カマを振り上げているだけ
     と思って見る(自分の相手に境界線を引くトレーニング)

    目の前にちっちゃいかまきりが「シャーっ」ってやってるとこ想像してみたら
    「うん?笑 ごめんね? 何で怒ってるの?」
    って冷静に対応できるよね!

    っていうように
    【別の生き物として俯瞰して見る】ことが大切

    ------------------------------

    ○セルフハグで自分を癒す
    視覚や聴覚を使いすぎてると「理性」スイッチがオンになって、答えのないことをぐるぐる考えてしまう
    そんなときは「触覚」を刺激することで落ち着ける!
    【セルフハグ】いちにち五分だけ!
    自分を優しく抱きしめて肌を撫でながら
    「いつもよく頑張ってるね。ありがとう。愛してるよ」と声をかけてあげる。
    私は普段、自分のことを忘れるくらいに本当によく頑張ってる。だから自分の体に優しくしてあげる

    ------------------------------
    ○自分のいまもってる才能に目を向ける
    足りないものではなく、あるものに目を向ける
    今で十分だから

    ○すごい人に萎縮するとき
    「完璧な人は一人もいない」
    「仕事できるけど多分料理は、、」とか笑

  • タイトルがいいなあと思う。それでつい手に取ったし。
    内容も読みやすかったので、さささーっと読んだ。
    具体的なことがたくさんあったので、それもよかった。

    HSPの本は、最近増えてるけど、これはおすすめしたいなあ。

  • 記録

  • [図書館]
    読了:2021/

    「どうしたい?」を考える
    体の存在を思い出してあげる
    「ある」ものに目を向ける

  • 感覚を大事する大切さを学んだ。
    しかし、の自分探し、内向型と言うが、実際は出会いを大切にする。外との関係性から自分との距離をはかるといったインターパーソナルな考え方が強いのでは。
    もう一歩深めてほしかったという印象。40点

全8件中 1 - 8件を表示

ゆりかの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×