Cosmos 上

制作 : 木村 繁 
  • 朝日新聞社出版局
3.58
  • (12)
  • (8)
  • (25)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 145
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (326ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022548030

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この書籍は、アメリカの天文学者でもありSF作家・元教授の同氏の宇宙学の解説書の一シリーズの上巻にあたります。

  • 2014.6.22 読了

  • 宇宙という未知は本当におもしろい。

  • 第1回はルネッサンスの母とも言えるアレクサンドリア図書館の遺構からスタート!かなり遅れてケプラー氏登場。^^ 残り12話。1日1話で月末まで楽しめそう。 2012年05月18日

    映像版を見付けた。この本が私のオール・タイム・マイ・ベスト。科学モノとしては内容もCGも相当古い、画質も悪い。でもそこには夢がある。80年に放送されたらしいが、その頃は京都で酒と珈琲、読書の日々…見逃していた。30数年遅れの出会い。見終わったら本も読み直す予定。何年振り?何回目? 2012年05月18日

  • セーガン博士が平易に宇宙と科学史を説いたこの本は、めくるめくセンスオブワンダーに満ちています。

  • セーガン先生のわかりやすい宇宙解説。もう古くなったのかもしれないけど、とても面白かった。

  • 理系志望を決めた本。宇宙に憧れ、その後、脳への興味から医学部進学を目指したが、結果的に、工学部の生物物理の研究室で研究者になることを目指しました。大学時代にあった教授陣の影響で大学院進学は化学工学の道に。でも、宇宙へのあこがれは今でも私の中にあります。

  • レビューは下巻に。

  • 名著。天文好きにはたまらない本。宇宙はロマンにあふれている!!読んでいて心が震える一冊。
    これ、映像にもなっているんですが、そちらも大変素晴らしい。

  • 美しい表紙の画像が出ないのが残念です。当時、中学生だったのですが、テレビシリーズに感動して本も買い、文系と思っていた自分が理系に転じたきっかけとなりました。ボイジャーの土星のポスターも宝物でした。宇宙について、科学史について、非常によくまとめられた良書と思います。セーガン博士は天文学者ですが、宇宙に限らず、ヘイケガニに関する人為選択の話など、平易に一般向けに科学を説いています。

全15件中 1 - 10件を表示

カール・セーガンの作品

Cosmos 上を本棚に登録しているひと

ツイートする