法医学教室の午後 続

著者 : 西丸與一
  • 朝日新聞社出版局 (1984年4月発売)
3.29
  • (1)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • 10人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022551788

法医学教室の午後 続の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 西丸先生2作目。前作同様、死体の描写はほとんど出てこず、時代背景や人生が語られる。前作より力は抜けて、「医学とは何か」という問いかけが何度かなされるのが印象的。

  • ちょいとどうでもいい話が多くなっちゃったかな。前編ほど凝縮されてない。えーウソ〜と思うことがあまりない。記載ミスで本人が死亡扱いされてたり、それをきちんと謝らない役所に腹立てたり、何でも屋にならざるを得ない警察をかばってあげたり、人間くさいよねこの人は。人の臓器で腐敗しやすいもの、順に:気管、幼児の脳、胃腸、脾、大網腸間膜、肝、成人脳、心臓、肺、腎、膀胱、食道、膵、横隔膜、血管、子宮、腱、人体、骨。子宮がこんなに腐りにくいとは何か示唆的だ。「防災研急」1975No5特集号ビルを燃やす実験。さすが横浜。自分の父親の遺体確認したら党の父親がピンピンして家に帰ってきたというそっくりさん事件、自殺マシンの説明書きをつけて他人に迷惑がかからないようにこの世を去った几帳面な人、8歳の子どもの脳出血死、それに対応しない学校……世の中様々なことがあります。'92

全2件中 1 - 2件を表示

西丸與一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

法医学教室の午後 続はこんな本です

法医学教室の午後 続を本棚に登録しているひと

ツイートする