日航ジャンボ機墜落―朝日新聞の24時

  • 朝日新聞社
3.40
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 9
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022554413

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • よかった

  • 1,985年8月12日金曜日。
    極力客観的な筆致で描かれた本書は、暑かったあの夏の夜、
    現実になにが起きていたのかをふり返るのに格好の書。
    後日、山のように発表されては、ことごとく失笑を買った
    『自衛隊 / 米軍謀略説』本とは一線を画す好著である。

    ちなみに『自衛隊 / 米軍謀略説』とは、
    秘密裏に発射された自衛隊の無人標的機が迷走し、
    たまたまボーイング社による欠陥修理を施された
    ボーイング747(JA8119)の垂直尾翼に激突。
    標的機迷走事件を隠蔽するために、
    軍が乗員旅客ごと旅客機を撃墜したというものだが、
    あまりにベタ過ぎて、三文小説家でも恥ずかしくて
    書くのを躊躇するような迷説であります。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

2005年朝日新聞社入社。総合プロデュース室・メディアディレクター。
週刊朝日記者として教育系記事等の執筆を担当した後、データ ベース事業部でデジタル商品企画開発に従事する。その後、新規事業部門「メディアラボ」で子ども向け教育サービス「朝日こどもニュース」を立ち上げた。
朝日新聞社のグループ企業との連携によって、新聞業にこだわらない子ども向けサービス開発を担当している。
『はじめての論理国語』シリーズの制作に携わりながら、多数の子ども向けワークショップ講師を務める。


「2017年 『これからの論理国語 小1~小2レベル』 で使われていた紹介文から引用しています。」

日航ジャンボ機墜落―朝日新聞の24時を本棚に登録しているひと

ツイートする