白いお城と花咲く野原―現代日本の思想の全景

著者 :
  • 朝日新聞社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022556820

作品紹介・あらすじ

それぞれの生きている場所と呼応する言葉でつづる、現代日本の思想の鳥瞰図。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ※引用(p.75) 「弱者に少しでも自分の立場をゆるがされたときの抑圧者のルサンチマン」について。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1937年生まれ。社会学者。東京大学名誉教授。著書に『まなざしの地獄』『現代社会の理論』『自我の起原』『社会学入門』など。『定本 見田宗 介著作集』で2012年毎日出版文化賞受賞。東大の見田ゼミは常に見田信奉者で満席だった。

「2017年 『〈わたし〉と〈みんな〉の社会学 THINKING「O」014号』 で使われていた紹介文から引用しています。」

見田宗介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
見田 宗介
ウルリケ・ヘルマ...
ウィトゲンシュタ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする