桜の樹の下で

著者 :
  • 朝日新聞社
2.33
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 14
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (471ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022559838

作品紹介・あらすじ

満開の桜の下で母と娘が同じ人に惹かれて恋した。花の魔性に憑かれた人びとが織りなす悦楽と背徳の美を華麗精緻に描く渡辺文学の最新作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 4-02-255983-7 471p 1989・4・10 1刷

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

渡辺 淳一(わたなべ じゅんいち)
1933年10月24日 - 2014年4月30日
北海道空知郡上砂川町朝陽台出身。1958年札幌医科大学医学部卒業。医学博士。しばらくは医者と同人誌活動を兼業。この時期1965年、『死化粧』で第12回新潮同人雑誌賞を受賞している。整形外科医師として医科大に勤務していたが、そこで行われた日本初の心臓移植手術に対し疑義を呈し、移植手術を元にした作品を記して辞職。以降、作家専任となる。その作品『白い宴』は1970年直木賞を受賞した。
1979年『遠き落日』『長崎ロシア遊女館』で第14回吉川英治文学賞、1983年『静寂の声 ― 乃木希典夫人の生涯』で第48回文藝春秋読者賞、2003年菊池寛賞、2011年『天上紅蓮』で第72回文藝春秋読者賞をそれぞれ受賞。ほか、2001年アイスランド隼勲章騎士章、2003年紫綬褒章を受章している。
その他代表作に、映画化されたベストセラー『失楽園』、『愛の流刑地』、そしてエッセイ集『鈍感力』などがある。

桜の樹の下でのその他の作品

渡辺淳一の作品

ツイートする