西洋中世の愛と人格―「世間」論序説

著者 : 阿部謹也
  • 朝日新聞 (1992年11月1日発売)
3.50
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :11
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022565679

作品紹介

初期キリスト教の時代、北欧のサガの世界、トゥルバドゥールの宮廷恋愛など、ヨーロッパ精神の歩みを、日本人の「世間」と対比しつつ鮮やかにとらえる。

西洋中世の愛と人格―「世間」論序説の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 西洋中世史のなかで、キリスト教との関連において個人や人格といったものが成立する過程、そしてそれが愛の前提条件なのだ、では日本ではどうだろう、といった実証的な論考。
    性的衝動やペルソナ、分けても告解の持つ意味の重要性は現代心理学の解釈においても極めて示唆に富むものである。

全1件中 1 - 1件を表示

西洋中世の愛と人格―「世間」論序説のその他の作品

阿部謹也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウンベルト エー...
ウンベルト エー...
有効な右矢印 無効な右矢印

西洋中世の愛と人格―「世間」論序説はこんな本です

西洋中世の愛と人格―「世間」論序説を本棚に登録しているひと

ツイートする