秋山仁の数学渡世

著者 :
  • 朝日新聞
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022566607

作品紹介・あらすじ

学校の先生が教えてくれない本物の数学マインドで、つまらなかった毎日をイキイキさせる法、人生めげずに生きる法…。みんな俺が教えたる。テレビ・ラジオでもおなじみのレゲエ数学者が、"知恵なき"若者たちに大胆に意見するピリ辛エッセー集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 週刊朝日の連載をまとめたもの。
    上段が文章、下段が数学の問題と答えになっているが、関連性は非常に少ない。

    宝くじの話は、うん、そうそう!とうなずいてしまった。
    このページだけでもたくさんの人によんでほしい。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

秋山 仁(あきやま・じん) 1946(昭和21)年、東京生まれ。数学者、理学博士。東京理科大学教授、同大学理数教育研究センター長。専門は離散幾何学。ミシガン大学数学科客員研究員、日本医科大学助教授、東海大学教授などを経て、現職。NHK教育テレビの数学講座番組への出演をはじめ、テレビ・新聞・雑誌などで数学啓蒙番組や記事を数多く担当し、数学の魅力を広めている。著書は『秋山仁の数学渡世』『数学に恋したくなる話』など数学の啓発書・専門書・訳書のほか、エッセイ集、教育関連も多数。

「2017年 『秋山仁の教育羅針盤 共に、希望を語ろう』 で使われていた紹介文から引用しています。」

秋山仁の数学渡世のその他の作品

秋山仁の作品

秋山仁の数学渡世を本棚に登録しているひと

ツイートする