恨ミシュラン―いちどは行きたい 史上最強のグルメガイド

  • 朝日新聞
3.59
  • (13)
  • (7)
  • (28)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 112
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (178ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022566881

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この著者のように名前を明かした上で、いわゆる名店に対して「まずい」「許せん」等々の批判をおこなう、というのはそれ相応のリスクがあったろうと想像します。
    その著者たちの、決して権威に媚びない正々堂々直球論評に敬意を表したい一冊。
    また、作中に出てきた「ミディアムレアとレアのちょうど真ん中らへんの焼き加減」という意味での「ミディアムレアレア」というフレーズが妙にツボ。

  • 好きな漫画家西原理恵子さんと誰か(小泉吉宏さん?)が本に書いていたのを覚えていて、なにげなく手に取った初、西原・・・のけぞりました!なんか勝手にほのぼのしたマンガを想像していたもんで強烈でした。後日、 神足さんがテレビでコメントしてるのを見て噴きました。

  • なんでうちに取っておいたんだろうなー
    きっと西原理恵子作品とのはじめての出会いだったのかもw

    今となっては大出世したのか落ちぶれたのかよくわかんなくなったサイバラ作品。

    しっかし結構な数のお店が色んな火事でw燃えちゃったんじゃないだろうか?

    とにかくサイバラの字もちゃいちいしw

  • 掃除していたら目に留まったので、久々に昔の本のご紹介

    面白かったですね、この本。
    バブル時代(厳密にはこの本が発行された1993年の暮れには、飛行機が墜落するかのごとく景気が急降下し、バブル終焉を迎えている。だが『週刊朝日』連載時はまだそれに気付いている人は少なかった。だからこれが単行本になった頃には閉店に追いやられた店もいくつかある。そういう意味では神足・西原両氏とも慧眼と言うべきか)、少しでも本や雑誌などで紹介された店にはあっという間に長蛇の列ができあがった。
    そこで、客を客とも思わない傲岸不遜な店ができたりする。
    金を払う客に文句を言う店主がいたりするのだから、すごいものだ。
    『お客様は神様です』とまでは言わないにしても、最低限の礼儀はあってしかるべきだろう。
    でも当時はそんな店こそが“一流”みたいな、変な自虐性が受けていたこともあり、そういう店が予約も取れない人気店になったりしていた。
    本当に美味しかったのかなんて分からない。でも高かったのは事実。
    そこに異を唱えたというか、巷に溢れていたグルメ本を嘲笑うかのように、絶賛されている高級店や人気店を一刀両断したのが、この本を書いた西原&神足さん。
    見事にばっさばっさと斬り捨てた。
    芥川賞一刀両断の某都知事や「このミステリーがすごい!」の覆面座談会みたいに。
    痛快だった。特に西原さんがマンガ内で激怒する文章と表情が。
    ここに掲載された店は、バブルも崩壊し、空白の二十年を経て、戦後最大の経済不況に陥っている今の日本社会でどれだけ生き残っているのだろう。
    当時、神田近辺で仕事をしていた私も、あんこう鍋『いせ源』や鳥鍋『ぼたん』の予約を取ろうとしたことがある。
    ただ、「ああ食べたいな」と身に沁みて思うのが、師走間近の外の風が肌寒く感じられる時期になってからなので、電話をかけると「年内から1月までは予約で全部埋まっています。年明けてから、またかけてみて下さい」などと、見事に“無愛想”で“高飛車”な声で断られ、ムッとした覚えがある。
    もちろん、ほんとうに美味しい店もある。
    だが、人間というのは怖いもので、褒められるとすぐに天狗になる。
    天狗になって戒められればよいのだが、その天狗の鼻をさらに高くさせるように、予約が入ったりするものだから、鼻はますます高くなるばかり。
    まったく困った時代だった。
    でも最近つらつら思うに、ここまで景気が悪くなると“バブルよ、もう一度”などと叶わぬ夢を抱きたくなったりもする。
    何とかしないとね、これからの日本を……。ホントに。

    現在は本物の『ミシュラン日本版』が発行され、まずまず売れているようだ。
    この『恨ミシュラン』は、バブル時代の“似非グルメ”の本質を捉えた、歴史的に価値ある書と評価すべきなのかもしれない。

  • いい店ってのは値段じゃねーんだよ、
    こぎれーなこと言ってんじゃねー
    正直すぎて痛快。

    財布痛めて心も痛む頭も傷む店ってあるよなー。
    ついでに胃か腹が痛んだら2度と行かないって(笑)

  • ラーメン・ランドの良き水先案内人・山本益博氏(一年間で百二十軒食べたそうだ!)は、丸福に三ツ星という最高評価を与えた上でこう語っている。「カウンターに座る誰もが、最後の一滴までスープを飲み干す」

  • 初めて西原理恵子さんに触れた作品。


    衝撃でした。


    物書きの常識をあっさりぶち破ってるところが凄い。



    料理店の紹介本なんですが、全然そんな内容じゃないです;w

  • 2008/3/29
    古いのが致命的。そりゃあそうだ。
    これも文字のところ不要・・・

  • なにをいまさらな恨ミシュランシリーズ。でも初めて見たんです。あの頃を懐かしく思い出しつつ読んでます。

  • 上(※下参照)

全14件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1964年高知県生まれ。漫画家。武蔵野美術大学在学中に『ちくろ幼稚園』でデビュー。97年『ぼくんち』で文藝春秋漫画賞を受賞。04年『毎日かあさん』文化庁メディア芸術祭賞マンガ部門を、05年『上京ものがたり』『毎日かあさん』で手塚治虫文化賞短編賞受賞。

恨ミシュラン―いちどは行きたい 史上最強のグルメガイドのその他の作品

西原理恵子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西原 理恵子
西原 理恵子
西原 理恵子
西原 理恵子
宮部 みゆき
西原 理恵子
西原 理恵子
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする