遠近法の誕生―ルネサンスの芸術家と科学

著者 :
  • 朝日新聞社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022568397

作品紹介・あらすじ

光学装置と絵画の結婚。失われた板絵の謎を解き明かし、遠近法の祖ブルネレスキの創作の秘密に迫る新仮説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 遠近法関連最後は遠近法の祖と呼ばれるブルネレスキ一人に焦点を
    絞り、彼の描いたフィレンツェのサン・ジョヴァンニ洗礼堂の板絵
    が、ただの「絵」ではなく光学装置を用いた一種の覗きからくり、
    透視装置であったのではないか?という本。線遠近法において
    その理論が発展する前に光学装置を使った透視装置があったという
    説はとても説得力があると思うのだが、それでもなかなか認め
    られるには至っていないようだ。

    下手なアシスタントでもトレース台使えばそれなりの絵が描けて
    しまうという実例を身にしみて知ってる者としては、すんなり
    受け入れられる説なのだがなぁ(苦笑)。

全1件中 1 - 1件を表示

辻茂の作品

遠近法の誕生―ルネサンスの芸術家と科学を本棚に登録しているひと

ツイートする