現代百人一首

著者 :
  • 朝日新聞社
4.00
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022568588

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 戦後に発表された歌から100首を岡井隆が選び、注釈と解説を綴った現代の百人一首。

    私たちは戦争というものの存在を知らないんだな、というのが、この短歌集を読んでの一番の感想だと思う。
    戦争という言葉が意味する具体的なことは知っている。学校なんかで、何度も「学習」している。道徳に照らし合わせて、どういう視線で見ればいいのかも、大体わかっている。
    しかし、それだけなのだ。いわば、数学の「微分積分」だとか、英語の「過去完了形」だとかと、その認識はあまり変わらないのではないか。
    『戦争? 知っていますとも。だって学校で習ったから』。

    なんだか、恐ろしいことを書いてしまった。
    しかし、誰も口では言わないけれど、今の若い世代に「戦争」について何か意見を述べてください、と言っても、たぶん大部分の人が「戦争はいけないと思います。絶対にしてはいけないと思います」をアレンジしたことしか言えないような気がするのだ。

    なんで私がこんなことを思ったのかというと、とある日本の最近の戦争映画の主題歌の歌詞を、大学にて教材として配られたことが大きい。
    その歌詞というのが、まぁひどいのである。
    私はその内容の想像力のなさに正直呆れてしまって、「これって小学生が『戦争は悪いことだと思います』と言ってるのと変わらないよね」とそのとき隣に座っていた友人に言うと、彼女は少々困惑した様子で、答えに窮していた(ように見えた)。
    こんな幼稚な歌詞の歌が戦争映画に採用されるなんて、日本は大丈夫だろうか、と私はそのとき心配になったのである。

    というわけで本書。
    私が上記のようなことを考えたのも、この『現代百人一首』にて、戦争というものの存在があまりにリアル・・・というより、生活の同一線上として、とても生々しく表現されていたからだ。
    こう言うのは自分でもどうかと思うけれど、それはなんだか、とても気味の悪いことだった。
    とくに、「~歳のときに戦争を経験した」という言い方が、生々しい。戦時は何をしていただとか、戦後はどんな暮らしをしていただとか、そういうのはまだわかる。しかし、この人がこういう暮らしに身をゆだね、こういう人生を生きたのは、~歳のときに戦争を経験して、この人が当時~だったからではないか、なんて言われると、途端にうわぁ、となってしまうのである。
    その人にとって、戦争は「経験」だったんだ。一時期だか何年だか知らないけれど、私たちが「高校の修学旅行で京都に行った」というのと同じように、その人は「~歳のとき戦争に行った」んだ、となるのである。

    うーん。なんとかこの、私が「戦争と自己が同一線上にあること」を気味悪く思う気持ちを言葉にしたいのだけれど、全然上手く書けない。
    というか、いざ書いてみると、陳腐にしか聞こえなくて、読み返してがっかりしてしまう。
    確かなことは、「気味が悪い」ということ。
    そう、気味が悪いんだよな。「怖い」とか「悲しい」とか、そんなきれいに昇華できるものでなくて、近づきたくない、というのが本音なんだ。
    できればそんなこと、自分がやりたくない、というのが本音。この「そんなこと」は、もちろん戦争なんてやりたくない、ということもあるけれど、それよりもむしろ、「戦争のことなんて考えたくない」という方が強い。
    なのに、この「~したくない」という文の頭には、「できれば」という言葉が入るのである。なぜ「できれば」、なのか? 絶対したくない、とは言えないのか? ・・・言えない。じゃあ、なぜ言えないのか?

    ・・・ちょっと書いているうちに収集がつかなくなってきたので、一旦ここでストップします。
    続きを書くかは未定。自分が目を背けてはいけないことやものを「できれば、見たくない」と言うのは非常に恥ずかしい。それこそ、そんなこと「できれば言いたくない」。
    しかし、これはとても大事なことの気がする。ので、なんとか考えることをやめたくない・・・という気持ちを、保ちたい。

  • #岡井隆 #短歌 朝狩りにいまたつらしも 拠点いくつふかい朝から借りいだすべく #返歌 媒体に煽られ動く集団と社会分析のない感想

  • 百人の歌人の個性を一覧できます。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1928年1月5日、名古屋市生まれ。45年、17歳で短歌をはじめ、翌46年、「アララギ」入会、51年、現在発行人を務める歌誌「未来」創刊に参画。慶應大学医学部卒業後、内科医師として、国立豊橋病院内科医長などを歴任。83年『禁忌と好色』で迢空賞、90年『親和力』で齋藤茂吉短歌文学賞、95年『岡井隆コレクション』(評論集成)全8巻で現代短歌大賞、99年『ウランと白鳥』で詩歌文学館賞、05年『馴鹿時代今か来向かふ』で読売文学賞、07年『岡井隆全歌集』全4巻を始めとする全業績で藤村記念歴程賞、09年『ネフスキイ』で小野市詩歌文学賞、10年『注解する者』(詩集)で高見順賞、11年『X(イクス)―述懐スル私』で短歌新聞社賞受賞。その他、著作は歌集・評論集含め多数。93年から宮中歌会始選者。07年から宮内庁御用掛。

「2018年 『注解するもの、翻訳するもの』 で使われていた紹介文から引用しています。」

現代百人一首のその他の作品

岡井隆の作品

現代百人一首を本棚に登録しているひと

ツイートする