アフリカを食べる

著者 : 松本仁一
  • 朝日新聞社 (1996年1月発売)
3.33
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 23人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022569240

アフリカを食べるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 20150530読了
    1996年発行。アフリカの食。おもしろい!●インパラの刺身、ヤシ酒、ウガリ、バナナビール、カエルの足、いも虫のから揚げ、ミドリザル、ゾウの干し肉、ヤギの腸、羊の目玉、ハト等々。●食文化はその気候で暮らす人たちが長年かかって形成したもの。事情はさまざま。P136「土地が狭くて冬が寒いため、犬を食べなければ生きていけなかった地域もある。それを、別の食べ物で十分に生きていける地域の人々が、自分の基準だけで判断してはいけない」


  • 朝日新聞社特派員の著者が、タイトルどおりアフリカ滞在時代に食べ歩いた食の記録。単なる食べ歩きの記録ではなく、記者らしくアフリカの政情や風俗が織り込んであるのは、辺見庸の『もの食う人びと』と同じ。『もの食う人びと』より、もうちょっと淡々として叙情的な感触を排除した印象。この本は結構ヒットしたんじゃなかったかな。

全2件中 1 - 2件を表示

アフリカを食べるのその他の作品

松本仁一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

アフリカを食べるはこんな本です

ツイートする