浮く女沈む男

著者 : 島田雅彦
  • 朝日新聞社 (1996年3月発売)
3.07
  • (1)
  • (1)
  • (12)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :26
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (324ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022569509

作品紹介

メランコリーな気質を持つ少壮の学者・山名ミツルが、妻を捨て家を出る。後にはシルクロードの西から来たかのような美女の写真が残されていた。夫を追い西へ向う妻と弟イタル。やがて二人の前に現れてミツルは、船旅へ出ると告げる。ミツルと謎の美女を乗せた高級客船・弥勒丸は、神戸から東アジア・クルーズに出発する。優雅なはずの船旅だったが、ブルース・リーと名乗る男に船が洋上で買収され、運命が一変する。海洋冒険小説の新しい展開。

浮く女沈む男の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 文庫版あり

  • 読んだのに、内容が思い出せない。
    それくらい、薄い作品だったのだろう…

全2件中 1 - 2件を表示

浮く女沈む男のその他の作品

浮く女沈む男 (masatti) Kindle版 浮く女沈む男 (masatti) 島田雅彦

島田雅彦の作品

浮く女沈む男はこんな本です

ツイートする