人工生命―デジタル生物の創造者たち

制作 : Steven Levy  服部 桂 
  • 朝日新聞社
3.08
  • (1)
  • (1)
  • (10)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 40
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (473ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022569578

作品紹介・あらすじ

コンピュータを駆使し、生命の謎を追う科学者たち、彼らは、怪物を生み出そうとしているのか。生命とは何か-その答えは、生命そのものを造ることにある。人工生命研究の全体像に迫る待望のドキュメンタリー、完訳。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人工生命、すなわち A-Lifeは、人類の手による生物的な有機体や機構の創造と研究をさす言葉だ。この生命の材料は無機物で、その本質は情報であり、コンピュータという窯の中から創り出される。p8

    スチュアート・カウフマン「人工生命は、複雑系がいかに自己組織、適応、進化、共進化、新陳代謝などのさまざまな機能を示すかを探る方法だ」p162

  • 人工生命の研究過程がわかりやすく紹介されている。ただ、同じ方面からのアプローチ(ボトムアップ式にプログラムして創発性を出すという)ばかり出てくるので少々飽きる。ボトムアップ式が人工生命において有効なのは分かったから、別方面の、たとえばトップダウン式で優れた研究成果も紹介して欲しかった(それともこの分野ではボトムアップ式が支配的なのだろうか?)
     

全2件中 1 - 2件を表示

人工生命―デジタル生物の創造者たちのその他の作品

Artificial Life (Penguin science) ペーパーバック Artificial Life (Penguin science) スティーブン・レビー
Artificial Life ハードカバー Artificial Life スティーブン・レビー
Artificial Life: A Report from the Frontier Where Computers Meet Biology ペーパーバック Artificial Life: A Report from the Frontier Where Computers Meet Biology スティーブン・レビー

スティーブン・レビーの作品

ツイートする