小さな草に

著者 :
  • 朝日新聞社
4.25
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022570604

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • (1997.07.12読了)(1997.03.17購入)
    (「BOOK」データベースより)amazon
    ウズベキスタンの街角で沖縄のサトウキビ畑でブカレストの墓地で出会った笑顔、怒り、涙―。フォト&エッセイ。

  • わーお。一気に読んでしまった。彼女のフォトエッセイは初めてだ。歴史、文化、人々の日常生活という彼女なりの視点で書かれている。それにしてもここまでさまざまな国にいってここまでさまざまな人との人生にふれているとはさすがプロ!やはり文才があり、読んでいておもしろい。『ベトナム、凛と』でも思ったが、写真だけで表現することは難しい。私も文章の書き方をもっと勉強しなくては!歴史、文化、などさまざまな点から論理的に人生や歴史を見ている。勉強しているしすごいです。彼女なりの素直で純粋に人と接する視点がすごいと思った。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

●大石芳野(おおいし・よしの) 東京都出身。写真家。日本大学芸術学部写真学科を卒業後、ドキュメンタリー写真に携わり今日に至る。戦争や内乱、急速な社会の変容によって傷つけられ苦悩しながらも逞しく生きる人びとの姿をカメラとペンで追っている。2001年土門拳賞(『ベトナム 凜と』)、2007年エイボン女性大賞、同年紫綬褒章ほか。

「2015年 『戦争は終っても終わらない』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大石芳野の作品

ツイートする
×