いじめの時間

  • 朝日新聞社
3.19
  • (3)
  • (17)
  • (59)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 162
感想 : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022571496

作品紹介・あらすじ

思春期のこころの深い層をのぞく画期的小説作品集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • いじめといっても捉え方や感じ方は人それぞれで、どの作品も個性が出てた。なんとなく気持ちがわかると思うものもあれば、何を言いたいのか‥わたしにはすんなり理解できないものもあった。
    「亀をいじめる」は特に気分が悪くなる感じ。

  • 2015 2/14

  • 図書館にて借りました。

    いじめって今は本当に色々なものがある。
    ネット荒らしや、プロフいじめ、古風ないけずもそう。
    特にネットが普及してからは犯罪と呼んでもいい。

    よく苛められるほうにも問題がある、と云うけど少しだけ実は解る。
    でも、絶対に苛めるほうが駄目だ。

  • 角田さんのはさすがどろどろしてました。
    あとのは、ぴんとこなかったなあ。

  • タイトル通り、いじめに関してのオムニバス。いじめる側、いじめられる側、人間、動物…面白かった、でも激しく鬱になった…

    あの独特の雰囲気 教室の温度 机の硬さ 小さな悪意

    読まない方がいいような気もします
    知らない人は知らないままでいい あの温度は…

  • 読後にカタルシスがない。こんな短編に一切共感できないことが、逆に、私は凄く幸せに守られて生きているんだと思った。
    「空のクロール」「リターン・マッチ」「かかしの旅」の三作が面白かった。
    残りは、取り敢えず18歳現在、理解不可能。

  • 陰鬱と不快。2/3でドロップアウト。

  • 気分が悪くなる悪くならないにかかわらず読んでしまう。

  • いじめと一言で言っても、いろいろあるのだ。

  • 色々な作家さんの短編集。

全23件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

江國香織/東京生まれ。『こうばしい日々』(あかね書房)で産経児童出版文化賞、坪田譲治文学賞、『ぼくの小鳥ちゃん』(あかね書房)で路傍の石文学賞、『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』(ホーム社/集英社)で山本周五郎賞、『号泣する準備はできていた』(新潮社)で直木賞など、受賞作多数。また『オズの魔法使い』や『ゴールデン・バスケットホテル』(ともにBL出版)などの翻訳も数多く手がけている。

「2021年 『ひとりぼっちのもみの木』 で使われていた紹介文から引用しています。」

江國香織の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×