本の雑誌血風録

著者 : 椎名誠
  • 朝日新聞社 (1997年5月発売)
3.71
  • (5)
  • (10)
  • (13)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :88
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (387ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022571519

作品紹介

自伝的大河青春小説、"実録篇"に突入。椎名はひたすら書いた、沢野もひたすら描いた、目黒はひたすら読んだ、そして木村はひたすら歌った。

本の雑誌血風録の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本の雑誌の黎明期を、椎名誠が軽妙洒脱な文章で描いている。

    椎名誠が会社員、本の雑誌の編集長、テレビやラジオの出演、作家活動など、2足、3足のわらじをはきながら、「ドーン」と勢いだけで突っ走る姿は、一人血風隊。

    椎名や沢野、目黒、木村といった中心人物や、ストアーズレポートの編集部員、助っ人たちがイキイキと喋り、必死に走り、豪快に呑みまくる姿は、なぜか感動的で、こっちまで元気がでてくる。

  • 1999年7月読了。

  • 1976年4月「本の雑誌」ついに創刊。椎名誠はひたすら書いた、沢野ひとしもひたすら描いた、目黒考二はひたすら読んだ、そして木村晋介はひたすら歌った。みんな熱く燃えていた70年代の青春群像を描く自伝的大河小説。

  • 自伝的大河青春小説、“実録篇”に突入。椎名はひたすら書いた、沢野もひたすら描いた、目黒はひたすら読んだ、そして木村はひたすら歌った。


  • 創刊以来の編集長・椎名誠が語る、「本の雑誌」と著者怒濤の歴史。
    ”血風録”とあるだけあってかなり荒波。”風雲録”とは雰囲気がガラッと
    変わって面白い。沢野ひとしの挿絵にホッとさせられることもしばしば。笑
    『風雲録』と『血風録』。言い換えれば、『発行人』と『編集長』。
    この両視点の読み比べがオススメ。二冊セットでどうぞ。
    順番は『風雲録』が先か。

全5件中 1 - 5件を表示

本の雑誌血風録のその他の作品

椎名誠の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
村上 春樹
村上 春樹
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

本の雑誌血風録はこんな本です

ツイートする