ロダンのココロ

  • 朝日新聞社
3.91
  • (18)
  • (12)
  • (23)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 79
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (79ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022572387

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ロダン目線四コマ漫画。
    ロダンの気持ちは中々伝わらないのがカワイイ♪

  • 昼間からお風呂につかっているよう。じんわりと効く。

  • 朝日新聞で連載されていた8コママンガ。連載がある曜日は早起きして新聞を読むのがとても楽しみでした。単行本をいつか大人買いする野望を思い出し読了。

    スクラップするくらい好きだった回をまた読めて嬉しい。新聞ではモノクロだったロダンがカラーなのもまた嬉しい。20年近く前の作品なのに今読んでも面白い!おじさんみたいな犬ロダンの飼い主に向けた優しい眼差しにホッコリします。

  • とにかくかわいくて
    おもしろい!!

  • ロダンは、九州か中国地方に住んでいる犬。
    ああ、そうそうって思うことたくさんあります。
    犬好きには是非おすすめの本です。
    で、犬を飼うことを迷っているかた、是非読んでみてください。

  • 以前朝日新聞に連載されていたもっさりした犬が主人公のマンガ。
    犬の目から見た人間たちの日々の暮らし。
    ずっと読んでいるうち、その空気にいつしかハマってきていたものでした。
    この単行本は図書館で借りてきたのですが彼に再会できてちょっと嬉しかったのです。

    (2006年10月15日読了)

  • 一応新聞紙上でチェックしてたけど、
    コミック読んだら、見たこと無い話ばっかり。
    まあ、そんなに印象に残るお話じゃあないからさあ。

    4コマがあんま好きじゃない俺にとって、
    この8コマという構成が非常に読みやすい。
    サクサクいけてハートフル。
    ロダンの口調や性格がいい味出してるよね。

  • 文庫版・相棒6の巻末解説(?)にロダンが登場していたので、借りてみました。作者の内田さんと『相棒』の関係が気になります。「私の悪い癖」。図書館予約数は0(2010/05/09現在)です。

  • こりゃ面白い、しかも新しい!

    と、思ったら、97年初版。

    犬の視点から見る、それが、

    深いとこから見れてるから、面白い。

  • 新聞に連載されていた。
    金曜日のこのロダンが大好きで、新聞を切り抜いてスクラップしていた。
    ロダンはほのぼのわんこです。

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1964年福岡県生まれ。日本児童教育専門学校にて絵本を学ぶ。1989年「第11回クレヨンハウス絵本大賞」に入選。1990年『シロと歩けば』(竹書房)でマンガ家としてデビュー。代表作に「朝日新聞」に連載した『ロダンのココロ』(朝日新聞出版)がある。近刊に『ロダンのココロ いろはのきもちクリニック』(日本文芸社)。
絵本や挿絵も手がけ、『みんなわんわん』(長崎出版)、『はやくちまちしょうてんがい はやくちはやあるきたいかい』(林 木林・作/偕成社)、『子どものための哲学対話』(永井 均・著/講談社)など多数。また、フジテレビ系「ポンキッキーズ」でアニメになった『学校のコワイうわさ 花子さんがきた‼』(森京詞姫作/竹書房)では「怪人トンカラトン」や「さっちゃんのうわさ」などのキャラクターデザインも担当した。

「2017年 『こどものこよみしんぶん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ロダンのココロのその他の作品

内田かずひろの作品

ツイートする