清潔はビョーキだ

著者 :
  • 朝日新聞社
3.20
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022572790

作品紹介・あらすじ

O157、MRSA、薬剤耐性結核菌、新型サルモネラ菌、サイクロスポーラ、クリプトスポリジウム…新興・再興感染症はなぜ先進国を狙い撃ちするのか?花粉症、アトピー性皮膚炎など、アレルギー性疾患が先進国でだけ流行するのはなぜか?寄生虫博士が謎に挑む。朝日新聞連載「清潔ニッポン健康学」に大幅加筆。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 過度に清潔な生活を求めすぎると、逆に免疫力を損なう可能性があるという聞き捨てならない警告の本である。とくに気になったのは「子供のうちにかかっておくほうがよいと思われる感染症」という話があり、それは大人になってからだと重大な後遺症をのこす可能性があるとのこと。自分自身もかかってないものが複数あり戦々恐々としているのだが、すでに社会人になった今、ほどよく清潔にしないのは無理な話であり、なかなかに悩ましい。(第2閲覧室 498.6/F )

  • 日本人の過剰な清潔志向に警鐘を鳴らす本。自分の臭いを消すことが、やがては自分の個性を消すことに繋がるといった指摘は非常に示唆に富む物だったと思う。

  • 2005/06/21

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

東京医科歯科大学名誉教授

「2018年 『体と心の疲れが消えていく「滋養食」』 で使われていた紹介文から引用しています。」

清潔はビョーキだのその他の作品

藤田紘一郎の作品

ツイートする