• Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022572998

作品紹介・あらすじ

6人の女性作家たちが競作する、様々な恋のかたち。変わった恋、懐かしい恋、恐ろしい恋、愚かな恋…最近、恋はいかがですか。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 逗子図書館にあり

    おもしろいのもあった。

    でも、1番最後のはあんまり…

    190紅茶が出てくる

  • 恋する男たちが主人公の、短編集。

    「マジック・フルート」が不思議な感じで一番好きだった。

    「彼方へ」も好きだったな。

    「マンホールより愛をこめて」は、結局あの二人はどうなったのか…。
    ファンタジー色が強いお話だった。

    「谷中おぼろ町」はよく分からなかったな。シチュエーション自体が上手く飲み込めなかった。

  • 2009.2.15
    「密会」篠田節子
    「彼方へ」小池真理子
    「終の季節」唯川恵
    「マンホールより愛をこめて」松尾由美
    「マジックフルート」湯本香樹実
    「谷中おぼろ町」森まゆみ

    ん〜〜 いまいち

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1955年、東京都生まれ。90年『絹の変容』で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。97年『ゴサインタン‐神の座‐』で山本周五郎賞、『女たちのジハード』で直木賞、2009年『仮想儀礼』で柴田錬三郎賞、11年『スターバト・マーテル』で芸術選奨文部科学大臣賞、15年『インドクリスタル』で中央公論文芸賞を受賞。ほかの著書に『夏の災厄』『美神解体』『静かな黄昏の国』『純愛小説』『長女たち』『冬の光』『竜と流木』など多数。

「2018年 『インドクリスタル 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

恋する男たちのその他の作品

篠田節子の作品

ツイートする