恋物語

  • 朝日新聞社 (1998年11月発売)
3.14
  • (1)
  • (0)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :12
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022573063

恋物語の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 皆川博子さんの「カッサンドラ」や「お七」がまた読みたくなって、以前は作品精華の「幻妖」で読んだけれど、今回はこちらで再読。著名な作家さん方の掌編集。しかし12人の作家さんのうち5人の方の作品しか読んだことがなくて、へこんだ。いや、これから読めばいいんだ、と思いつつ。

    古井由吉さんは、先日読んだ最新作「鐘の渡り」に比べると、だいぶ雰囲気が違うけれど、テーマとしてにたようなものが流れているなあと思いながら読み、その後未読の作家さんが並ぶ中、辻井喬さんの作品に惹かれた。赤江瀑さんは、ただうっとり、素敵!と思いながら楽しみ、次の皆川博子さんは、やっぱり別格!どうしたらこういう話を考え、書くことができるのだろう。この短い「お七」を私が完璧に理解できる日が来るのだろうか。最後の津島佑子さんも、よかったなあ。「夢の歌」は長編「黄金の夢の歌」につながる短編なのだろうか。読まなきゃ!

    全体的にストレートでなく、ひと癖ふた癖もある「恋物語」ばかりでした。

  • だいぶ前に読んだのですっかり忘れた・・・・

  • 12人の作家がそれぞれ3,4編の恋物語を描く1冊。
    計46編入っているので、どの話も6ページ以内の超ショートストーリー。正直、短すぎて捉えにくい。
    「恋物語」といってイメージするような華やいだ空気や色っぽい話は全っ然なく、恋の苦しさをテーマにした作品ばっかり。
    そもそも恋なのか何なのか意味がわからないような作品もあったり。
    で、読み終わってみると・・ほとんど残っていませんwww
    乃南アサの「内緒」が可愛かった。

  • 6/6 1位連城三紀彦 2位清水義範 弘美チャン、アサちゃん どうしたの。

全4件中 1 - 4件を表示

赤江瀑の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
川上 弘美
川上 弘美
川上 弘美
有効な右矢印 無効な右矢印

恋物語はこんな本です

ツイートする