遠い崖―アーネスト・サトウ日記抄〈2〉薩英戦争

著者 : 萩原延壽
  • 朝日新聞社 (1998年10月1日発売)
4.50
  • (3)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 10人登録
  • 1レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (386ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022573148

遠い崖―アーネスト・サトウ日記抄〈2〉薩英戦争の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  日本の幕末の激動時代を、ヨーロッパなどの西洋諸国はこう見ていたのかと、ワクワクドキドキしながら本書を読んだ。
     「薩英戦争」「下関遠征」。西洋諸国連合艦隊によるこの二つの闘いは、歴史の転換点の一つであると思うが、この「戦争」に至るまでの諸国の政治的な動きを詳細に追いかけることは、この時代の日本を知ることでもあると思えた。
     日本における各国「公使」と本国の「外相」との間でかわされる「公信」「半公信」「訓令」等の記録を駆使しての、それぞれの「国家意思」と「思惑」のせめぎあいは、歴史の結果を知った現在の目からみても、実に興味深い。
     それにしても、「公信」と「訓令」のやり取りに往復で4ヶ月もかかる時代だとは。現在では想像もつかない世界だ。
     派遣された「大使」や「公使」に大幅な裁量権がなければとても物事は進められなかっただろう。まさに「英雄の時代」であり、「古きよき時代」だったと思われた。
     本書は、歴史の結果のみならず、「歴史とはこのような動きをするものだ」と教えてくれるすばらしい本であると思う。

全1件中 1 - 1件を表示

萩原延壽の作品

遠い崖―アーネスト・サトウ日記抄〈2〉薩英戦争はこんな本です

遠い崖―アーネスト・サトウ日記抄〈2〉薩英戦争を本棚に登録しているひと

ツイートする