ゆめはるか吉屋信子―秋灯机の上の幾山河〈下〉

著者 :
  • 朝日新聞社
3.60
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (579ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022573933

作品紹介・あらすじ

女学生のバイブル『花物語』から、晩年の『女人平家』まで。吉屋信子の半世紀をこえる小説世界に、明るい無常感がため息のように吹き渡る。そしてまた、女性への深い愛と、風趣に富む男性像…。「私は少女時代から吉屋さんの熱烈なファンであった」と告白する著者ならではの実感的な吉屋信子伝。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 吉屋信子の評伝ですが、なぜか宇野千代のファンになっていた私。かっこいい女だったんですね!もちろん吉屋信子も大好きになりました。

全1件中 1 - 1件を表示

ゆめはるか吉屋信子―秋灯机の上の幾山河〈下〉のその他の作品

田辺聖子の作品

ゆめはるか吉屋信子―秋灯机の上の幾山河〈下〉を本棚に登録しているひと

ツイートする