寄り道ビアホール

著者 :
  • 朝日新聞社
2.67
  • (0)
  • (0)
  • (7)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 17
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022574350

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 篠田節子さんの
    私生活や小説への想いなどがよくわかるエッセイ。

    1999年出版なので
    もう20年ほど前の篠田さんが赤裸々に語られていた。
    執筆依頼など仕事の依頼を
    電話がいいかメールがいいかで悩む姿や
    女性のダイエットを不思議に思う日常、
    ときどき取材旅行で訪れた東南アジアの旅行記みたいなものなど
    篠田さんの多忙な当時の日常生活が
    いきいきと描かれている。

    『女たちのジハード』(1997年)で
    第117回直木賞を取ってから、
    本来の小説家業よりも「女性の生き方」をテーマにした
    講演や取材を要求されるようになったそうだ。
    ご本人はそれがいやだとおっしゃっているが、
    時代がそれを求めたのではないだろうか。
    時代にあった小説を書かれた
    篠田さんの先見の目が良かったのだと思う。

    福祉関連の小説や
    南米やインドを舞台にしたホラー小説などからエッセイまで。
    幅広い分野で活躍される篠田さんの作品を
    これからも楽しみにして、読んでいきたいと思った。

  • いつもながらエッセイの感想って悩むあとがきで重松清さんと対談そのなかで「私は、エコでフェミ」とカミングアウトしてました(笑)そうじゃないかな〜と思ってたからちょっとスッキリしました自分の頭で考えることは大切だ ウン

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1955年、東京都生まれ。90年『絹の変容』で小説すばる新人賞を受賞しデビュー。97年『ゴサインタン‐神の座‐』で山本周五郎賞、『女たちのジハード』で直木賞、2009年『仮想儀礼』で柴田錬三郎賞、11年『スターバト・マーテル』で芸術選奨文部科学大臣賞、15年『インドクリスタル』で中央公論文芸賞を受賞。ほかの著書に『夏の災厄』『美神解体』『静かな黄昏の国』『純愛小説』『長女たち』『冬の光』『竜と流木』など多数。

「2018年 『インドクリスタル 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

寄り道ビアホールのその他の作品

篠田節子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする