性の倫理学

著者 :
  • 朝日新聞社
3.29
  • (1)
  • (0)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022575111

作品紹介・あらすじ

売買春、性愛の変容、同性愛性同一性障害、生殖の未来、障害者の性結婚制度、エイズ/HIVなど「性のいま」をめぐる12の真摯な議論。少数派への熱い眼差し。社会制度への疑問に満ちた刺激的な対話集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数

  • 2000年に第一刷だった本が出てきたので再読。年月を経て改めて読むことで見えてくるものもあって、本って捨てられませんね(自爆

  • 返却図書ラックにあった。2000年発行。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1963年生。作家、ゲイバーのママ。慶応義塾大学法学部政治学科卒。1991 年に『プライベート・ゲイ・ライフ』にてゲイであることをカミングアウトし、90 年代のゲイ・ムーブメントに大きな影響を与える。2003年に『魔女の息子』で第40回文藝賞を受賞して小説家としてもデビュー。2013年、新宿二丁目にゲイ・ミックス・バー「A DayIn The Life」を開店。2017年、ウェブマガジン「アデイonline」を開始。

「2017年 『エッチなお仕事なぜいけないの?』 で使われていた紹介文から引用しています。」

伏見憲明の作品

ツイートする