不過視なものの世界

著者 :
  • 朝日新聞社
3.27
  • (1)
  • (6)
  • (23)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 89
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022575364

作品紹介・あらすじ

現代文化はこれで切れる!気鋭の哲学者が、ポストモダンの社会と図像と想像力をテーマに、斎藤環、山形浩生、村上隆、法月綸太郎、山根信二、阿部和重と交わすスリリングな対談集!語り下ろしの特別対談を所収。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2000年代の哲学はこうなる(のか?)

    現代文化はこれで切れる!
    気鋭の哲学者が、
    ポストモダンの社会と図像と想像力をテーマに、
    斉藤環、山形浩生、村上隆、法月綸太郎、山根信二、阿部和重と交わす
    スリリングな対談集!語り下ろしの特別対談を所収

    朝日新聞社(2000/11/1第一刷発行)


    精神分析の世界・・・斉藤環との対話
    情報と暗号の世界1・・・山形浩生との対話
    可視的なものの世界・・・村上隆との対話
    謎解きの世界・・・法月綸太郎
    情報と暗号の世界2・・・山形浩生との対話
    可視的なものの世界・・・阿部和重

  • 表紙はあれだけど、中身はなかなか

  • 2006/10/15購入

  • 読みやすかった。東さんはデリダ研究者だっただけあってか、対談がとてもうまい気がする。すぐに読み直す必要はなさそうだし、装丁が悪い気がするけど、そのうち入手したい。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

東浩紀(あずま ひろき)
1971年東京生まれ。批評家・作家。ゲンロン代表。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了(学術博士)。専門は哲学、表象文化論、情報社会論。
著書に『存在論的、郵便的』(サントリー学芸賞思想・歴史部門)、『動物化するポストモダン』、『クォンタム・ファミリーズ』(第23回三島由紀夫賞受賞作)、『一般意志2.0』、『弱いつながり』(紀伊國屋じんぶん大賞2015受賞作)ほか多数。『ゲンロン0 観光客の哲学』は第5回ブクログ大賞人文書部門、第71回毎日出版文化賞受賞作。

東浩紀の作品

ツイートする