物語の体操―みるみる小説が書ける6つのレッスン

著者 :
  • 朝日新聞社
3.26
  • (2)
  • (10)
  • (19)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 89
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022575463

作品紹介・あらすじ

著者は「小説を書く技術」を伝えようとする。その「技術の伝授」に関して、この本以上に役立つものはない。さらに著者は、そのことを通して、小説あるいは「文学」を神秘化するあらゆる試みを粉砕しようとする。その徹底の度合いにおいて、この本以上のものはない。これは、「文学」の側に属していると自負する者には絶対書けなかった、絶命寸前の「文学」のための(あまりに危険な)処方箋なのだ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 物語を書くためのアイデアを搾り出す訓練がしっかり書かれた1冊です。忠実に実践できたらなんらかの物語が作れそうだと思える本です。問題は実践できるかどうかでしょう。

  • 「物語の構造」を実際の作品からざっくりと抜き出し、その骨格に沿った作品をとにかく書きまくること!

    既存の世界観を借りることによって、それぞれの世界観が導く「物語の方向性」を意識することができる…という趣旨の章が、興味深かった。

    「創作の送り手と読み手の境界」の解体。今後更にどうなっていくのか気になる。

  • 買った本。
    アイデアからプロットを起こし、ストーリーを作り、文章を書いて小説を仕上げるための技術を学ぶための本。文章も、絵やプログラミングと同様、頭にアイデアがあるだけではダメで、それをアウトプットする手法が必要となる。
    本書はそれを練習する方法が具体的に書いてある。

  • あらゆるジャンルのストーリーづくりに応用できる。特に弟二章「 とりあえず「盗作」してみよう」は重要だ。創作野郎必携。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

大塚 英志(おおつか えいじ)
1958年生まれ。まんが原作者、批評家。国際日本文化研究センター研究部教授。まんが原作者としての著書に『多重人格探偵サイコ』(田島昭宇画)『黒鷺死体宅配便』(山崎峰水画)、民俗三部作『北神伝奇』『木島日記』『八雲百怪』(森美夏画)、『恋する民俗学者』(中島千晴画)など。
評論では『「捨て子」たちの民俗学――小泉八雲と柳田國男』(角川選書/第5回角川財団学芸賞)、『公民の民俗学』(作品社)、『怪談前夜 柳田民俗学と自然主義』『殺生と戦争の民俗学』(ともに角川選書)などがある。

物語の体操―みるみる小説が書ける6つのレッスンのその他の作品

大塚英志の作品

ツイートする