日本人はいかに生きるべきか

著者 :
  • 朝日新聞社
3.44
  • (2)
  • (0)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022576651

作品紹介・あらすじ

鋭い問題意識と深い考察にもとづく「知恵」をわかりやすく説く。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 文学博士が出来た時に、文学は終わった。いかに生きるべきかという問いの根底をなしているのは文学と哲学。哲学には最初から博士号があった。それが神学だった。神学というのは超越的学問だから絶対的真理が存在するということを信じている学問だから、神学博士があってもいい。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1935年生まれ。共立女子大学学長。専攻は西洋中世史。著書に『阿部謹也著作集』(筑摩書房)、『学問と「世間」』『ヨーロッパを見る視角』(ともに岩波書店)、『「世間」とは何か』『「教養」とは何か』(講談社)。

「2002年 『世間学への招待』 で使われていた紹介文から引用しています。」

阿部謹也の作品

ツイートする