セカンド・ライン―エッセイ百連発!

著者 :
  • 朝日新聞社
3.35
  • (3)
  • (9)
  • (19)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 73
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (343ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022576903

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • エッセイ・書評・解説を100編まとめた一冊。

    重松清のエッセイは初めて読んだのですが、なかなかぶっちゃけていて面白かったですw
    所謂「泣ける」物語を多く書かれているので私の中では「良いオジサン」と言うイメージが強かったのですが、良い意味でそのイメージは払拭されてしまいましたw
    もっと身近で、もっとどこにでもいる、もっと共感出来るオジサンでした。

    そして、「青い鳥」に代表される吃音障害を描く時余りにもリアルで、どう考えてもご自身若しくは近親者に吃音障害を持つ人がいたのでは、と思っていたのですがやはり著者本人がそうでした。
    今は克服されているかもしれませんが、カ行が詰まりやすいとか、どもらない単語に言い換える癖がついたとか、当事者でなければわからない記述が多かった謎が解けました。

    後、これもそうじゃないのかな?と思っていたこと。
    著者に教諭の経験があったことです。
    実際は教育実習をしたまでで、大学卒業後は出版会社に10ヶ月間のみ勤められその後フリーライターからゴーストライターまでありとあらゆる文章を書くことを生業とされていたとのことでした。
    でも大卒3ヶ月で結婚した奥様は今でも教鞭をとっておられるようなので、現代の学校事情には詳しくて当然なわけですね。

    エッセイはどれもなかなかおもしろかったのですが、書評・解説は「誰のなんて本の話なの?」とわからないものが多くてちょっと眠くなりましたw
    ほんの一行「◯◯の解説」と入れてくれたら親切なのに。

    あと、紙がジャンプとかの漫画雑誌と同じ藁半紙的なものだったのがかえって目新しかったですw

  • この人の小説も読んでみたくなった。

  • 重松清のコラムや書評を100コあつめた本。そうだよな~、と相槌をうちそうになります。

  • 初めはおもしろかった。
    小説の背景になっている作者の考えていることがわかり、
    同世代の者として、共感できることも多かった。
    が・・・、エッセイはぶっ続けに読むものではないのかも。
    どんどんテーマが変わり、その変化についていけなくなってしまった。
    エッセイは新聞とか雑誌とかでちょこっと読むのがいい。

  • こんなふうに物事を考えられるのって、すごいなあ。だから重松さんの作品にこんなにも惹かれてやまないのかもしれない。

  • ■重松清さんの全作品を感想文にしてブログで挑戦中です。
    重松清ファン必見!
    http://wwjdkan01.blog68.fc2.com/

  • 読書中……

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

重松 清(しげまつ きよし)。1963年、岡山県生まれの小説家。早稲田大学教育学部卒業。
出版社勤務を経て、フリーライターとして独立。ドラマ・映画のノベライズなどを手がけたのち、1991年『ビフォア・ラン』で小説家デビュー。
1999年『エイジ』で山本周五郎賞、2000年『ビタミンF』で直木賞、2002年『流星ワゴン』で「本の雑誌年間ベスト1」、2010年『十字架』で吉川英治文学賞、2014年『ゼツメツ少年』で毎日出版文化賞をそれぞれ受賞。
山本周五郎賞、講談社ノンフィクション賞選考委員を務める。2017年、早稲田大学文化構想学部客員教授に就任。
『とんび』、『青い鳥』、『流星ワゴン』をはじめ、多くの代表作がドラマ化、映画化されている。

重松清の作品

ツイートする