梅原猛の授業 仏教

著者 :
  • 朝日新聞社
3.91
  • (16)
  • (28)
  • (22)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 173
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022577108

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  仏教を中心に、キリスト教やイスラム教の基礎的な知識を学ぶことができる。まず「なぜ宗教が必要か?」という問いかけから本書は始まる。
    「宗教がなければ、文明も道徳もない」というのが、宗教の存在意義であり宗教をないがしろにした現代は、道徳が廃れていく時代だと言える。


     僕が面白いと思ったのは、以下の考え方だ。
    1.西洋では小麦栽培を基礎としている
    2.小麦農業は雨を必要としない
    3.雨を必要としなければ森も必要ない(森の神を殺す神話がある)
    4.自然は人間が支配するものという人間中心主義の発展
    5.キリスト教やイスラム教などの人間中心の一神教が発達

    1.東洋では稲崎を基礎としている
    2.稲作には雨が欠かせない
    3.雨を貯蓄する森を大切にする。
    4.雨は人智の及ぶものではないから、人間中心の宗教は発達しない
    5.仏教や儒教などの多神教が発達

     西洋と東洋の宗教の違いはざっと言うと上に書いたような事。
    筆者は仏教が専門であるから、仏教の歴史や信仰の中身についてより詳しく述べられている。特に聖徳太子、最澄、空海以来の日本仏教の歴史についてすごく勉強になる。僕がその中でも興味があるのは親鸞。誰よりも煩悩に悩まされたような気がするこの人物をもっと知りたいと思う。

     最後はこれからの世界において仏教や宗教が果たすべき役割、自己中心に陥らず、仏教の持つ「生きとし生けるもの」を大切にするべきという未来へのメッセージで締めくくっている。


     わかりやすい。

  •  自分を見直す一環として読んだ書である。宗教はなぜ必要か、道徳は何を背景として持たねばならないのか、そして道徳の必要性。その必要性からくる宗教の必要性と世界観。今の自分にとって何が足りないのかを考えたい。

     会社に行く。寝る。飯を食う。カヌーをやる。日々やりたいことがある。これらは全て欲求である。たくさん時間外で働いている。社内の人間関係、仕事の進め方の悩み、仕事を通して将来への不安、会社への不信感、自分のペースで働くことができないことへの焦燥感、どれをとっても最近の欲求からくる不平不満を抑えることができない。自分はどうするべきか。端的に答えが出てこない。

     自利利他の精神を実践することを説いている。洛南中学校の生徒たちへの授業を一冊の本にまとめた本書は非常にわかりやすい。宗教を通して自分を律し道徳を身につける。また、宗教の持つ世界観を自己のものとし全ての人と共有化する。グローバリズムの流れの中であらゆるものを包括する教えが必要になってくる。仏教の教えがとても重要になってくるのではないか。ユダヤ、キリスト、イスラムこれらの一神教は排他的である意味において攻撃的である。対するものを受け入れる器の大きさが必要な時代である。その器が仏教の教えの中にあるのではないか。

     世界の文明、文明の裏付けとなる宗教の存在、そして世界史観が大まかにわかった。その中でも仏教が重要と説くキーワードは何か。自利利他の実践という。仏教というと何か歴史上のものと受け止めがちであったが自分の生活に十分溶け込んでいる存在と言うことがよくわかった。ただし個人の問題をどのように「考え」「方針」をだせるところまで昇華できるかわからない。

     自らの生活を律し、自利利他を実践したとしても会社という存在は変わらない。個人の思惑など及ばないのが会社というものだ。「とらわれない心」という表現もあった。確かに仕事に囚われている。それを解き放すためにはどうすればいいのか。

     それを見つけることが結局は、自分の考えを持つということになるのであろう。あくまで一助にしかならないが、自分に投げかけてくれるものがある。

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:180||U
    資料ID:50300008

  • 10年ぶりに再読。またいろいろと勉強したくなってきた。

  • 20160107 本題は仏教だが、他の宗教との対比やまた仏教内での比較などが、梅原先生の言葉で分かりやすく表現されており面白い。最終講義は同時多発テロが起きた10年ほど前で、ちょうどわたしも当時の生徒と同年代であったことが一層しみじみと感じ入る点である。

  • 【読了メモ】(151213 17:30) 『梅原猛の授業 仏教』/朝日新聞社/2002 Feb 5th

  • 中学校で行われた宗教に関する講義録。キリスト教やイスラム教などの概説や、仏教については各宗派の成立や教義の違いなど、わかりやすく解説。

    著者は道徳教育の前提として宗教について学ぶことが必要であるとする。特に仏教は多様性を尊重する精神や平等性の重視等、今後の社会に必要な価値観を含んでいる。この点について私は共感するし、日本における宗教の流れを概観できて、よかった。

  • 初梅原先生本読了。
    かなりハマってしまった。

  • 禅と武士道から、じゃあ仏教をちょっと詳しく見てみましょうよと読んでみました。仏教の歴史というより宗教のありかたから丁寧にわかりやすく押さえられていて、仏教のみならずイスラムやキリスト教に関しても興味が湧いてくる一冊。ハインリヒの文明の衝突も併せて読もう…

  • 梅原先生が中学生に講義した仏教の授業。これは分かりやすいし、仏教が素直に受け入れられました。

全23件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

梅原 猛
哲学者。『隠された十字架』『水底の歌』で、それぞれ毎日出版文化賞、大佛次郎賞を受賞。縄文時代から近代までを視野に収め、文学・歴史・宗教等を包括して日本文化の深層を解明する〈梅原日本学〉を確立の後、能を研究。

「2016年 『世阿弥を学び、世阿弥に学ぶ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

梅原猛の授業 仏教のその他の作品

梅原猛の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
ヘミングウェイ
村上 春樹
村上 春樹
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

梅原猛の授業 仏教を本棚に登録しているひと

ツイートする