少年に奪われた人生―犯罪被害者遺族の闘い

著者 :
  • 朝日新聞社
3.23
  • (2)
  • (2)
  • (7)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 34
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022577597

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読んでいると胸が痛くなる。

  • 図書館で借りてきた本

    少年に命やそれまでの生活を奪われた人たち、いわゆる「被害者」の気持ちを取材した本。

    読んでいると共通するのが「犯罪を犯した少年はなぜ深く反省していないのか?」という疑問が起こる。少年そのものがそうなのか、それとも担当する弁護士のせいなのか。

  • 10072

  • 犯罪者が犯罪者になるまで(なってからすら)の放置っぷりとか、被害者の無視されっぷりとか、そういうのがまずどうにかされないと、ちゃんと判断ができない気がする。
    「贖罪」とか、「死刑」とか、そういうことが。
    被害者を、加害者を、もっとちゃんと見ないと。

  •  この本は、数ある少年犯罪のうちから、何点かを抜粋し、その事件の経緯、裁判の経緯、そして、余り取り上げられない被害者の遺族の行動、心情を追いかけたルポをまとめたものである。

    狂った世界、本著に書かれた事は被害者側の主観もあるだろうが、少年達の挙動に関しては事実も少なくない(実際に犯罪者によって書かれた手紙などがある為)
    司法による社会的制裁が被害者の納得のいくまで行われるべきかどうかは議論があるだろう、感情の赴くままに犯罪者を裁く事にも異論はあるだろう。
    しかしながら、本著は私にそう思わせるのが狙いなのかわからないが、犯罪者達の発言があまりにも目に余るのは気のせいだろうか。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1965年、愛知県生まれ。ノンフィクションライター。愛知淑徳大学非常勤講師。教育問題、少年犯罪などの社会的背景に迫る。テレビコメンテーターやラジオ、インターネット放送でパーソナリティも務めている。著書に『人を殺してみたかった―愛知県豊川市主婦殺人事件』、『少年に奪われた人生―犯罪被害者遺族の闘い』、『コリアン・サッカーブルース』、『殺された側の論理 犯罪被害者遺族が望む「罰」と「権利」』、『黙秘の壁―名古屋・漫画喫茶女性従業員はなぜ死んだのか』、共著に『沖縄 大人の社会見学R18』『肉の王国―沖縄で愉しむ肉グルメ』(ともに仲村清司氏、普久原朝充氏との共著)、『死刑のある国ニッポン』(森達也氏との対談)など50冊以上。

「2018年 『沖縄アンダーグラウンド 売春街を生きた者たち』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤井誠二の作品

ツイートする