アレルヤ

著者 :
  • 朝日新聞社
3.94
  • (7)
  • (1)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022577870

作品紹介・あらすじ

第13回朝日新人文学賞受賞の青春小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 90年代後半にオルタナ系カルチャーにはまった人には
    是非とも読んでもらいたい本。

    あの時の空気がいっぱいに詰まった本です、懐かしさよりも元気が出ます。。

    曽我部さんの友人だそうですが、良く分かる。
    そして俺の友人であってもまったく不思議じゃない感じ。

  • なんとなくしっかり生きなきゃいけない焦燥感に駆られながら、でもなかなかそれが良くわからなくて、うまくいかなくて。惰性で生きてはいるが、たまに恋もするし、金がなくなればドラッグでも売って。ここは下北沢。何処にでもある特別な物語。この本の中には俺やお前が、必ず居ると思う。言葉のリズムや疾走感もたまらない名作。

  • 全く爽やかじゃないのに、何故か手放しの肯定感を得られる不思議な作品。
    きっと、僕らの幸福は、小さな小さなモノの中にある。

  • (2002.11)

全4件中 1 - 4件を表示

アレルヤのその他の作品

アレルヤ (双葉文庫) 文庫 アレルヤ (双葉文庫) 桜井鈴茂

桜井鈴茂の作品

ツイートする