欅しぐれ

著者 : 山本一力
  • 朝日新聞社 (2004年4月発売)
3.54
  • (2)
  • (10)
  • (14)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :61
  • レビュー :10
  • Amazon.co.jp ・本 (307ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022579157

作品紹介

深川の老舗大店・桔梗屋のあるじ太兵衛と賭場の貸元・霊巌寺の猪之吉は偶然に出会う。ひとの目利きに厳しい太兵衛は、猪之吉の人柄を感じ取り、一献お付き合い願いたいと申し出た。大店のあるじと貸元の、肚をわった五分の付き合いが始まった。そんなある日、油問屋・鎌倉屋鉦左衛門による桔梗屋乗っ取りの企みが明らかになる。重い病を患う太兵衛は、桔梗屋の後見を猪之吉に託し、息を引き取る。やがて桔梗屋をめぐり、鎌倉屋の意を受けた乗っ取り屋一味と、猪之吉一党との知力と死力を尽くした闘いが始まるが…。直木賞作家の人情味あふれる時代長篇。

欅しぐれの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 山本一力先生のミッション小説です

    任侠の世界を生きる猪之吉と大店の
    主「太兵衛」の漢(おとこ)同士の
    つきあいが、騙(かたり)をたくら
    む者から店を守る

    読み応えあり!

  • 乗っ取り一味と商家を助ける貸元の戦い。山本さんの得意パターンだけど、はっきりとケリがついていない。続編があるのかな~・・時代物の勧善懲悪、人情、侠気を織り込んで展開もいいんだけど、型にはまりすぎ。まぁ、その方が読みやすいと判ってるんでけど、もう少し葛藤が欲しいって・・贅沢ですね(笑)

  • 大店の主人と、渡世人
    水と油のはずのふたりが腹を割った親しい仲に。
    そんなとき、店の乗っ取りを企む一味の仕掛けが発覚。
    死の床の主人は渡世人に後を託す。
    知力と死力をつくした戦いの行方は??

    作者得意の人情もの。
    出てくる男たちがみな、格好いいこと!
    男気万歳!

  • 当たりハズレがあるのだが
    これはおもしろかった

  • 期待してたのにちょっと期待先行だったかな。大店のあるじと賭場の貸元、ふとしたことから立場の違いを越えた男と男の腹を割った付き合いが始まる。やがて大店の乗っ取りの企てが明らかになり息を引き取る大店の主は後を貸元に託す。そして乗っ取りの仕掛け屋一味との対決が始まる。いまいち付き合いが始まるきっかけが強引な感じがする。乗っ取りの黒幕の意図もちょっと弱いって言うか、登場も少ないせいか影が薄すぎると言うか。乗っ取り屋一味も親分意外ちょっと間抜けが多いし、敵にしては不十分。ま、そんなこんなでも山本一力の世界は生き生きとしている。男気、ここぞと見込んだら信じついていく、そんな虚構の世界にほっとする。2005・10

  • 面白い。男気、品の溢れる作品。
    ただ、尻すぼみな感じは否めない。
    続編がいずれ出るのでは??と思ってしまう。

  • 江戸の陰謀はこんなだったのかしら・・・

  • 「損料屋」に次ぐ、山本一力の名作登場!!

  • あまり読まないタイプの作品だったのですが、あまりの作品の魅力の力強さに面白く一気に読んでしまいました。

  • 普段は時代小説を読まないので、特有の言葉に慣れるまで進みが遅かったけど、あとはぐいぐい引き込まれるように読みふけってしまった。

    まったく違う世界に生きる二人が出会い、互いを信頼し、心底相手のために思いやる、そんな関係が清清しかった。

    自分と違う価値観を認め合えるような、懐の深さを持てるようになりたいと思った。
    (050205)

全10件中 1 - 10件を表示

欅しぐれのその他の作品

欅しぐれ (朝日文庫) 文庫 欅しぐれ (朝日文庫) 山本一力
欅しぐれ (朝日文庫) Kindle版 欅しぐれ (朝日文庫) 山本一力

山本一力の作品

欅しぐれはこんな本です

ツイートする