マイライフ クリントンの回想 MY LIFE by Bill Clinton 上

制作 : 楡井 浩一 
  • 朝日新聞社
3.36
  • (2)
  • (6)
  • (13)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 72
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (560ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022579409

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 上巻だけで800Pに迫る対策。過去に起こったことをここまで詳細に覚えて表現できることに感嘆した。

  •  ビル・クリントンは、日本ではなぜかモニカ・スキャンダルの方が有名だが、万年野党になりつつあった民主党に政権を取り戻し、1990年代の国際紛争を幾つか解決に導き、冷戦後分断しつつあった世論を辛うじて繫ぎ止め(ようとし)た凄腕の大統領である。
     その自伝が本書であるが、本書の価値は単なる自伝にとどまらない。幼い時から政治に興味を持ち、大学生の時には同氏の名を冠した奨学金で有名なフルブライト上院議員の元で働くなど、長らく政治を観察していた。公民権拡大という当時先進的だった政策を進めつつも、外交ではベトナム戦争で泥沼に陥らせてしまったジョンソン政権への期待と落胆に始まり、社会の分裂や民主党の低迷を見渡す。著者の視野は流石であり、ニュー・デモクラットと呼ばれる自身の政治的立場への道筋が、自身の過ちも含めて極めて明瞭に語られる。
     しかし、自身が大統領に近づくにつれてその記述の視野は狭くなってくる。政敵である父ブッシュについてはほとんど悪口である。前半が本当に面白い分、そこが非常にもったいない。

  • 4-02-257940-4 785p 2004・9・25 1刷

  •  アメリカはたしかに種々さまざまな問題点を抱え込んでいる。
     しかし、アメリカ人の多くでさえどこにあるか知らないアーカンソーの、実の父親を生まれる前に失い、飲んだくれの義父から実弾を発砲されながらも母親を助けなければならなかった少年が、州や連邦政府の青少年育成プログラムで才能をはぐくまれ、若くして知事どころか大統領にまで選出されるのだから、やはり基本的には善い国だということを本書は痛切に感じさせてくれる。

  • 大統領と言えど、やっぱり一人の人間として当たり前の毎日に喜び、苦労し、夢を叶えるために地道に走っていく、そんな面が読み取れた。

    アメリカの大統領選のプロセスや内情もわかり、勉強になる作品。

  • 年少時代がおもしろかった。政治活動については、おおざっただったが、雰囲気が分かった。

全6件中 1 - 6件を表示

ビル・クリントンの作品

マイライフ クリントンの回想 MY LIFE by Bill Clinton 上を本棚に登録しているひと

ツイートする