恋愛の国のアリス

著者 :
  • 朝日新聞社
3.34
  • (29)
  • (62)
  • (185)
  • (17)
  • (1)
本棚登録 : 455
レビュー : 61
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022579546

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小説だと思ったらエッセイでした。

  • 全体を通して嶽本野ばらさんの世界観がよくでていて、とてもよかった♡

    私的には、前半の「ハートの国のアリス」の方が好き!
    特に「香水、着替えぬ」「アイドル、用意する」「寂しさ、比例する」「満月、意見する」はなるほどと思った。

  • 前半は面白かった。けど、高校野球のくだりはちょっと納得出来なかった。考えが人それぞれなのは理解してるけど。
    タロットモチーフの後半は一気に読むペースが落ちて難儀した。

  • 後半のタロットカードの物語が面白かった。

  • 野ばらさんの世界観、好きです。

  • 不思議なキャラの野ばらさんですが、確かに一部の女子には支持されるのわかるなぁ。


    乙女のカリスマなのにたまにガラ悪いし。

    デートにデニムで行く女子は頭突きされるらしいですよ。

    大麻?か何かで捕まってしまったみたいやけど、またあの濃いトークを聞きたいような。

  • 嶽本野ばらによるエッセイ集。
    時には「極端な意見だ」と思う箇所はあるが、そこに著者の一貫性を見ることができる。
    自分の美徳をつらぬく姿勢は
    まっすぐな背中とどうどうとした歩き方を連想させる。

  • 前半のエッセイはおもしろかった

  • 既読。

  • 獄本野ばらのエッセイでございます。

    ちょっとばかし小悪魔で、だけど一途で真っ直ぐな恋愛観が伺える一冊。半身浴しながらウンウンって読みました。後半のタロットをモチーフにしたショートストーリーもオサレだね。

全61件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

小説家。エッセイスト。京都府宇治市生まれ。1998年『それいぬ――正しい乙女になるために』(国書刊行会、後に文春文庫)で、エッセイストとしてデビュー。2000年『ミシン』(小学館文庫)で、小説家デビュー。同作は、単行本と文庫を合わせて16万部に達するベストセラーとなった。03年『エミリー』、04年『ロリヰタ。』が、二年連続三島由紀夫賞候補となる。04年には映画化された『下妻物語』(単行本は02年刊行)が大ヒットした。この他の弊社刊行の小説作品は以下のとおり。01年『鱗姫』、『カフェー小品集』、『ツインズ -続・世界の終わりという名の雑貨店』、03年『デウスの棄て児』、『カルプス・アルピス』、04年『ミシン2/カサコ』、05年『下妻物語・完 ヤンキーちゃんとロリータちゃんと殺人事件』、07年『変身』、08年『タイマ』、『おろち―olochi,super remix ver.』。公式ホームページURL http://www.novala.quilala.jp/

「2015年 『破産』 で使われていた紹介文から引用しています。」

恋愛の国のアリスのその他の作品

恋愛の国のアリス Kindle版 恋愛の国のアリス 嶽本野ばら

嶽本野ばらの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする