パンの耳の丸かじり (丸かじりシリーズ)

  • 朝日新聞社 (2004年11月発売)
3.17
  • (0)
  • (7)
  • (20)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :44
  • レビュー :10
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022579638

パンの耳の丸かじり (丸かじりシリーズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「はい、チーズ」クラッカーは一挙前行き壊滅 ビアガーデンなどで見るとなんか邪魔くさいヤツだと思う。山菜はまず形がみな異様である。「カップ麺の正しい食べ方」ここではすべてが乾燥している。水のない世界、となってる。枯山水、と見ることもできる。「レタスの非凡」レタスは一枚一枚の葉がしっかりと丸まろうとする意志がとても強い。しかし、料理には一枚一枚はがして使うわけだから、そのことは何の意味もない。そこがレタスの悲しさだ。「おにぎりの憂鬱」おにぎりの一口目で具に到達出来ない。初期無具期、具最盛期、具減少期、具絶滅期。ぼくにとっておにぎりは、無念と残念と用心とおそれと後悔と憂慮の食べ物なのだ。「パンの耳はお好き?」パンの耳はカノジョとデートすると兄がついてきちゃうようなものだ。「柿身内説」国果というものを新たに制定するならば、これはもう柿において他にない。「ホテルのバーはこわい」下手な気持ちで入ってきてもらっては困るんだよね。ゆっくりとつぎ終わり、ビンを何回もゆすってシズクをようく切る。ここまでシズクをようく切ったからには、当然サービス料取るよ、というシズクの切り方である。「栗ごろごろ栗ごはん」”ごはんの共存”ということは、栗自身は考えてないと思う。

  • 東海林さだおなんだから、つまらないわけはない。あいかわらずの安定感。

  • ミックスフライ880円。

  • 図書館の本 読了

    内容(「BOOK」データベースより)
    パンの耳はやむをえないのか…。誰もが避けて通れないパンの耳問題。美味いかと聞かれれば…かといって食べられないほど不味いのか?むむむむむ。ああ、トーストは悩ましい。

    マシュマロ うん、言われなくてもぷにょぷにょするよ。とか
    にやにやしちゃうしほくそえむ♪
    おにぎりバーかぁ。今もあるのかなぁ?

  • シリーズ22冊目☆パンの耳とか最近特に気にもせず食べてたな(^^;)餃子スタジアムは初耳☆行ってみたいなナンジャタウン…て、まだあるのかな。

  • 丸かじりシリーズその22。
    そういえば小さい頃はパンの耳許せない派でパンの耳切り落としてからじゃなきゃ食パンが食べられなかったなぁと思い出した。いつからパンの耳食べるようになったかな。今じゃパンの耳超支持派です。

  • 東海林さだおさんの食エッセイは以前から好きで、この丸かじりシリーズもたくさん読んできました。
    読むたびにお腹がすくんだよなぁーw

  • 図書館で借りた

    面白かった!

  • 彼は嫌いみたいだが,私,パンの耳好きです。そういう人への配慮も感じられる所が流石。

  • お馴染み丸かじりシリーズの最新刊。 苺大福・水ようかん・ゴーヤ・レタスなどに鋭くショージ的メスを入れる。 安心して笑おう。

全10件中 1 - 10件を表示

パンの耳の丸かじり (丸かじりシリーズ)のその他の作品

東海林さだおの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東海林 さだお
東海林 さだお
久住 昌之
東野 圭吾
湊 かなえ
有川 浩
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

パンの耳の丸かじり (丸かじりシリーズ)はこんな本です

ツイートする