星野道夫の仕事〈第2巻〉北極圏の生命

著者 :
  • 朝日新聞社
4.33
  • (17)
  • (6)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 66
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784022586490

作品紹介・あらすじ

マイナス50度の世界、ホッキョクグマもアザラシも、凍えまいと、熱く生きている。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • (1999.01.09読了)(1998.12.購入)
    (「MARC」データベースより)amazon
    ただただ平坦な氷原、氷と空以外まったく何もない風景。マイナス50度の北極圏に生きるホッキョクグマやアザラシ、カリブーなどの生き生きとした姿をカメラに収め続けた星野道夫の作品集第2巻。

  • アラスカの自然を撮った写真集。
    ホッキョクグマやアザラシ、そこで暮らす人々など。

    クジラの解体シーンがかなり壮観なのだけれど、血が苦手な人は注意した方がいいかも。

    詩?少し言葉も入っていて、イヌイットの教えとか考え方とか。

  • 一緒にその場で見ているような気持になってしまいます。
    アラスカという厳しい自然環境の中でまさしく「生きて」いる動物建ちの息づかいが聞こえてきそう。
    動物たちの様々な表情に心が癒されます。

  • ゴマアザラシが雪見大福みたいだった。
    氷上の世界に癒されたり、色々した。

  • 普段とは違う、ゆっくりで厳しい時間の流れを感じることができる。

  • これはよい。しろくまだけでない、寒い土地に生きる様々な生き物たち。買って損はない。高い。言うまでもないけど、この人の写真は迫力あり過ぎ。大自然の中に放り込まれたみたい。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

写真家・探検家

「2021年 『星野道夫 約束の川』 で使われていた紹介文から引用しています。」

星野道夫の作品

ツイートする
×