空想 皇居美術館

  • 朝日新聞出版
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022586919

作品紹介・あらすじ

皇居に、大英博物館やルーブル美術館のような巨大美術館を造ろう!そこに鎌倉の大仏など日本中から"超一流"作品を集めて展示しよう!こんな気宇壮大な空想の自由を追求して、アートや建築の専門家、政治学者、社会学者、精神科医までが集まって侃々諤々。前代未聞の美術・建築/思想書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • そんなに期待せずに読み始めたのに
    どの記事も、ぐいぐい引き込まれて
    楽しみました。
    とても面白かったです。
    なるほどね〜、皇居をテーマに
    こんな自由な発想、
    あってもいいかもしれない。
    それがこうしてちゃんと本になって
    残ったってこと自体、
    すごくアートで楽しい試みだと思います!

  • 東京の中心にあるvoidとしての皇居。そこに日本の『超一流』の美術品を展示する1000mの超高層巨大美術館を空想する。芸術・建築・思想・歴史・政治・技術…、横断する議論は興味深いです。いまこそ皇居を語り合いましょう。

全3件中 1 - 3件を表示

彦坂尚嘉の作品

ツイートする