写真集 沖縄1935

制作 : 朝日新聞社 
  • 朝日新聞出版
5.00
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784022586957

作品紹介・あらすじ

【芸術生活/写真工芸】漁師たちの日常、軌道馬車、活気あふれる市場──。1935(昭和10)年に沖縄で撮影された貴重な写真が大量に見つかり、朝日新聞やウェブ上で大きな注目を集めている。沖縄戦以前の人々の生き生きとした暮らしぶりを活写した記録的写真集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 戦前の沖縄、とりわけ糸満の暮らしがよくわかる。当時の連載記事も巻末に掲載されている。生き生きとした筆致で、糸満漁民の民俗が綴られる。サバニ、漁師自ら潜水する追い込み漁法、夫婦の会計が独立した経済体系、舟歌の不存在、糸満売りなどの話題。
    吉浜忍さんの「解題」が鋭い。「疲弊している中でも頑張っている人々がいると強調したプロパガンダ(政治的宣伝)のようだという印象を深め、わざわざ大阪朝日新聞の記者が沖縄を訪れて撮影した意図が透けて見えた」(p126)

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

2005年朝日新聞社入社。総合プロデュース室・メディアディレクター。
週刊朝日記者として教育系記事等の執筆を担当した後、データ ベース事業部でデジタル商品企画開発に従事する。その後、新規事業部門「メディアラボ」で子ども向け教育サービス「朝日こどもニュース」を立ち上げた。
朝日新聞社のグループ企業との連携によって、新聞業にこだわらない子ども向けサービス開発を担当している。
『はじめての論理国語』シリーズの制作に携わりながら、多数の子ども向けワークショップ講師を務める。


「2017年 『これからの論理国語 小1~小2レベル』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ツイートする